脂肪族溶剤市場、2030年末までに30億米ドル規模到達見込み

脂肪族溶剤市場、2030年末までに30億米ドル規模到達見込み
拡大する(全1枚)
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「脂肪族溶剤の世界市場 - 業界分析、市場規模、シェア、成長率、動向、予測:2020年~2030年」(Transparency Market Research)の販売を8月5日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tsm995791-aliphatic-solvents-market-application-paints.html

[画像: https://prtimes.jp/i/71640/407/resize/d71640-407-e129af2bfac23a399bcb-0.jpg ]


コロナウイルスの影響で、抗ウイルス・抗菌塗料が人気に
COVID-19の状況を背景に、化学メーカーや塗料メーカーは、衛生製品や特殊な塗料の種類に焦点を移しています。サプライチェーンの混乱や需要の押し引きを克服するために、脂肪族溶剤市場の企業は、無臭塗料や抗ウイルス・抗菌性の装飾用塗料などの製品を拡大しています。インドでは、日本ペイント、Asian Paints、JSW Paints、Berger Paintsなどの大手企業が、除菌剤や個人用保護具(PPE)での製品ポートフォリオを増やすために競争に参加しています。

コロナウイルスのパンデミックにより、衛生用塗料の需要が高まっています。脂肪族溶剤市場のメーカーは、この状況を利用して、木材、金属、家の壁など、あらゆる表面に対応する抗ウイルス塗料や抗菌塗料などのバリエーションを発売しています。化学メーカーは、人々の需要に応えるために、消毒剤や洗浄剤の生産に乗り出しています。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク