副業・フリーランス管理クラウド「Lansmart(ランスマート)」、クラウドサインとの連携開始により電子契約に対応

副業・フリーランス管理クラウド「Lansmart(ランスマート)」、クラウドサインとの連携開始により電子契約に対応
拡大する(全1枚)
業務委託の契約書の作成・締結から管理・保存までのワークフローが「Lansmart」上で完結

副業・フリーランス管理クラウド「Lansmart(ランスマート)」を提供する株式会社CloudBrains(東京都港区、代表取締役:眞壁雅彦)は、9月16日より、「Lansmart」とWeb完結型クラウド電子契約「クラウドサイン」との連携を開始したことをお知らせします。これにより、締結する業務委託契約書の電子契約が「Lansmart」上で行うことが可能になり、契約書の作成・締結から保存までのプロセスが「Lansmart」だけで完結いたします。
また、電子署名済みの契約書をアップロードするフォーム内で、契約終了前のリマインド通知の設定も可能となり、契約更新忘れを防ぐことができます。

[画像1: https://prtimes.jp/i/49685/4/resize/d49685-4-6dd68a1dea879c3b4e43-3.jpg ]


「クラウドサイン」連携により、契約書の作成・締結から管理・保存までのワークフローが「Lansmart」上で完結

「クラウドサイン」は、日本の法律に特化した弁護士監修の電子契約サービスです。これまで業務委託パートナーとの契約書締結の際には、紙の契約書を2部用意し、それぞれに委託主と委託先の押印や郵送を行う必要がありました。昨今のコロナ禍におけるリモートワークの浸透や働き方の多様化により、委託主・委託先ともに電子契約での契約書締結のニーズが高まっていることを受け、「Lansmart」はクラウドサインとの連携を開始しました。これにより、契約書の作成・締結から保存までのプロセスが全て「Lansmart」上で完結します。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク