応用地質、千葉県市川市と「冠水情報管理システム」及び「土砂ハザードモニタリングシステム」の実証実験を開始

応用地質、千葉県市川市と「冠水情報管理システム」及び「土砂ハザードモニタリングシステム」の実証実験を開始
拡大する(全1枚)
応用地質株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:成田賢、以下「応用地質」)は、千葉県市川市(市長 村越祐民、以下「市川市」)と、「大雨等に伴う浸水対策の強化」として令和3年度に市川市内に設置された「冠水センサ」及び「斜面変動監視センサ」の更なる利活用に向け、実証実験の合意文書を取り交わし、実証実験を開始しました。
本実証実験の目的は、応用地質が開発する「冠水情報管理システム」及び「土砂ハザードモニタリングシステム」を実際の災害対応業務の中で試用することを通じ、市川市における情報システムを活用した新たな災害対応フローの検討及び課題抽出の一助とするとともに、応用地質が開発するシステムの改善及び強化を行うことです。


【背景】

気候変動等の影響により、大型台風や局地的豪雨の発生回数は全国で増加傾向にあり、市川市においても大雨等による浸水被害、土砂災害への対策強化は喫緊の課題です。市川市では、IoT 機器等を活用することにより、豪雨に伴う道路の冠水や崖地の異常を遠隔地からリアルタイムに検知し、迅速な災害対応を実施すべく、令和3年度に「道路冠水対策」として市内の道路冠水常襲箇所(13箇所)に冠水センサを、また「崖地監視対策」として市内危険崖地箇所(4箇所)に斜面変動監視センサを設置しました。
この冠水センサ及び斜面変動監視センサは応用地質の「冠すいっち」及び「クリノポール」が採用され、既に運用が開始されています。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク