自動運転社会における保険商品の変化を見据え、車両整備事業者向けの整備データの活用支援を開始

自動運転社会における保険商品の変化を見据え、車両整備事業者向けの整備データの活用支援を開始
拡大する(全1枚)
車載アフターサービスプラットフォームの実現を目指すビズピット株式会社

車載アフターサービスプラットフォームの実現を目指すビズピット株式会社(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:小野健一)は、自動運転社会における保険商品の変化を見据え、車両整備事業者向けの整備データの活用支援を開始

[画像: https://prtimes.jp/i/63448/15/resize/d63448-15-cf51eb99d9b72cac2803-0.jpg ]


車載アフターサービスプラットフォームの実現を目指すビズピット株式会社(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:小野健一)は、自動運転社会における保険商品の変化に備えるため、車両整備事業者向けの整備データの活用支援を開始したことを報告します。

【来たる自動運転社会における保険商品の変化】
今後、ますますの普及が見込まれる自動運転車両ですが、その普及に伴い新たな損害賠償保険商品の登場も見込まれます。

JA共済が公開している「損保保険会社の令和元年度決算について」によると、令和元年度の保険会社の売上は約50%が自動車関連保険によるものでしたので、自動運転社会にマッチした保険商品の開発は、各保険会社にとって重要な課題であると言えるでしょう。

保険会社のシンクタンクであるニッセイ基礎研究所は、自動運転車両が完全に普及するまでの間の新たなニーズに対応した保険商品として、以下のような商品の登場を予測しています。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク