第三十二回伊藤園お~いお茶新俳句大賞 コロナ禍においても過去最多約54万人の応募、205万句を突破 文部科学大臣賞をはじめ、入賞2,000作品が決定

第三十二回伊藤園お~いお茶新俳句大賞  コロナ禍においても過去最多約54万人の応募、205万句を突破  文部科学大臣賞をはじめ、入賞2,000作品が決定
拡大する(全1枚)
【文部科学大臣賞】木村 稀々香さん 14歳 滋賀県野洲市 花鳥風月私はここに海入れる 【金子兜太賞】弓削田 恵理さん 36歳 埼玉県坂戸市 ぬか床に太古の祖母が住みにけり

 株式会社伊藤園(社長:本庄大介 本社:東京都渋谷区)は、「お~いお茶」商品パッケージに掲載して発表する「第三十二回伊藤園お~いお茶新俳句大賞」入賞作品2,000句を決定いたしました。
 三十二回目を迎えた今回は、応募者 539,140人、応募句2,057,963 句と過去最多の応募数となりました。その数ある応募作品から、最高位の文部科学大臣賞に選ばれたのは、滋賀県野洲市の木村 稀々香(きむら ののか)さん(14歳) の作品「花鳥風月私はここに海入れる」です。
 また金子兜太賞には、埼玉県坂戸市の弓削田 恵理(ゆげた えり)さん(36歳)の作品「ぬか床に太古の祖母が住みにけり」に決定いたしました。

 応募期間がコロナ禍前だった前回と比べ、今回は外出自粛やリモートワークによって家族で過ごす時間が増えたこともあり、WEB からご家族で応募された方が約3割増加しました。また応募者からは「外に出られず、楽しい事もなかったが、俳句づくりで一生懸命になれた」と、俳句創作が気分転換に繋がったという声をいただいており、このような新たな応募動機が過去最多応募の要因になったと考えております。
 10 月24 日のオンライン入賞作品発表会では、文部科学大臣賞、金子兜太賞、各部門大賞作品と最終審査員による選評のほか、その他各部門の入賞者を含めた合計2,000 名を発表しております。なお配信内容はアーカイブとして YouTube に残し、いつでも視聴が可能となります。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク