昭和の記憶をガチャガチャに!懐かしの“牛乳瓶の蓋”全15種類、12月15日より販売開始!失われゆく瓶入り製品との接点づくり

昭和の記憶をガチャガチャに!懐かしの“牛乳瓶の蓋”全15種類、12月15日より販売開始!失われゆく瓶入り製品との接点づくり
拡大する(全1枚)
瓶入り乳製品の品数日本最多※、有限会社山村乳業(本社:三重県伊勢市大世古3丁目 5-8、代表取締役社長:山村豊裕、以下弊社)は、弊社の瓶入り製品に使用する紙製の蓋を、12月15日より山村みるくがっこう外宮前店・内宮前店にて一回100円のガチャガチャにて販売を開始します。※自社調べ

商品となる紙製の蓋は、弊社の現行品11種類に加え、1960年代に販売していた製品の蓋4種類、計15種類よりランダムに5種類が封入されています。1960年代の4種類については、数に限りがあるため、封入数は少量となります。その他、山村みるくがっこう 外宮前店・内宮前店、両店で使用いただける商品引換券も少量、封入しています。
本商品の販売背景には、年々加速する瓶入り製品(瓶入りの牛乳・乳飲料など)離れがあります。紙パック容器の誕生以降、瓶容器の需要はまたたくまに低下しました。加えて製造側においても、その供給コストの観点よりやむなく撤退を決める事業者も相次いでいます。しかしながら弊社では、瓶容器に対するお客様のニーズにお応えすべく、瓶容器離れが加速していた2000年代からも商品数を増加させてきました。そしてこの度、瓶容器の蓋に着目し、様々なお客様と瓶入り製品との新たな接点を作り、ひいては瓶容器ならではの価値を今後に残していくべく、本商品の販売を開始することとしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/58332/4/resize/d58332-4-bff19896346527cefa97-0.jpg
編集部おすすめ

当時の記事を読む

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク