固体酸化物形燃料電池市場、2021年から2026年にかけて約20%のCAGRで成長見込み

固体酸化物形燃料電池市場、2021年から2026年にかけて約20%のCAGRで成長見込み
拡大する(全1枚)
株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「SOFC (固体酸化物形燃料電池) の世界市場 (2021-2026年):産業動向・市場シェア・市場規模・成長予測・成長機会」(IMARC Services Private Limited)の販売を1月13日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc1037160-solid-oxide-fuel-cell-market-global-industry.html

[画像: https://prtimes.jp/i/71640/2429/resize/d71640-2429-8233f0e3b4abf1453b8e-0.jpg ]


市場の概要
固体酸化物形燃料電池の世界市場は、2020年に6億2,600万米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間、市場は約20%のCAGRで成長すると予想されています。

固体酸化物形燃料電池(SOFC)は、電気化学的な変換によって電気を作り出すエネルギー変換装置です。SOFCは、バイオガス、天然ガス、プロパン、水素、その他の酸化炭化水素など、さまざまなエネルギー源を用いて動作します。SOFCには一般的に、平面型と管状型があり、据置型と携帯型があります。 これらは、高温でイオンを伝導して電流を流すセラミック膜と、非多孔質で金属酸化物の電解質で構成されており、燃焼することなく化学エネルギーを熱エネルギーと電気に変換します。従来使用されてきたエネルギー源と比較して、SOFCは費用対効果が高く、持続可能な性質を持っています。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

PR TIMESの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

リリースニュースランキング

リリースランキングをもっと見る
お買いものリンク