静岡市立日本平動物園に「免許不要の近距離モビリティWHILL」を静岡スバルが贈呈。地域で愛される歴史ある動物園に静岡県内初、自動車ディーラーによるWHILL取り扱い開始を記念して。
拡大する(全1枚)
~地域の子供からお年寄りまで、3世代のお付き合いを重ねるライフパートナーの想い重なる~

静岡スバル自動車株式会社(本社:静岡市清水区、取締役社長:鈴木孝典、以下「静岡スバル」)は、WHILL社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 CEO :杉江理、以下「WHILL社」)が開発する近距離モビリティ「WHILL Model C2」および折りたためるタイプの「WHILL Model F」の静岡県内13店舗での取り扱いを3月24日(木)に開始し、同日に静岡市立日本平動物園(静岡市駿河区池田、園長: 竹下秀人、以下「日本平動物園」)に「WHILL Model C2」1台を贈呈しました。
https://www.shizuoka-subaru.co.jp/

■うららかな、春の陽気に、つつまれて 贈呈式開催
贈呈式当日は静岡スバルが1959年(昭和34年)3月24日に設立された日でもありました。春休みを迎えた午後の日本平動物園は多くのお子さまを連れたご家族でにぎわうなか、園内エントランスのフォトスポットを会場に贈呈式が執り行われました。式典には日本平動物園の公式キャラクター「レッパーくん」が登場し、多くの子供たちから注目を集めます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/82988/10/resize/d82988-10-2aa19bea0c573db7f3ff-0.jpg ]


■WHILLの贈呈と感謝状