NFTの企画開発事業を展開する株式会社CANVAS設立及びHP公開について。
拡大する(全1枚)
多角的にweb3.0の領域を拡張し、市場の活性化を担うリーディングカンパニーを目指して、「株式会社CANVAS」(本社:東京都港区、代表取締役:大沼陸)を、2022年3月14日に設立しました。
同社は、NFT事業に対する技術面・コスト面からの参入障壁を、ノーコードツールの開発によって解決します。

[画像: https://prtimes.jp/i/102014/1/resize/d102014-1-527b352fd9308091244b-0.png ]


設立に至った背景

NFTというワードを入り口に、大手企業のブロックチェーン領域への参加検討が相次いでいます。

しかし、新しい技術であるブロックチェーンへの対応や、これにかかるコストが高額であること、業界のトレンドの変化が非常に早い事により、企画開発に高い水準を求められることなど、参入障壁が低いとは決して言えません。

他領域IT 事業では、参入障壁の低減化を実現するため、様々なツールや、コンサルティングなどの適切な企画サポートが用意されています。

同様に、ブロックチェーン事業に有効なサポートサービスに対するニーズが高まっていることを受け、株式会社CANVASでは、企業の抱える課題解決に最適化したサービスを展開していきます。


製品・サービスなど主要事業

1.ノーコードツール「CANVAS」
全てのコンテンツホルダーが、NFTマーケットプレースを組成するにあたり、技術的な不安やコスト問題が参入障壁となり得ます。