京都を代表する料亭・和久傳。進化をやめない、その哲学とは?

京都を代表する料亭・和久傳。進化をやめない、その哲学とは?
京都の『和久傳(わくでん)』といえば、美食家で知らない人はいない、京都の料亭だ。しかし、その歴史が明治3年創業の京丹後市の料理旅館『和久傳』に端を発することを知る人は少ないかもしれない。現在、会長を務める桑村綾氏は、地場産業である丹後ちりめんの衰退で危機的な状況にあった料理旅館を再建し、また、京都の中心地に料亭を開店した。お弁当お菓子を販売する『紫野和久傳』をも立ち上げ、2007年には、植樹による『和久傳ノ森』づくりをはじめ、その森に工房や美術館、レストランをオープンするなど地域復興にも貢献。京都府が各分野で活躍する京都ゆかりの女性やグループに授与する京都・あけぼの賞を受賞している。京都を代表する料亭として君臨しながらも、いまなお積極的に事業を広げ、新たな取り組みを精力的に行なっている桑村氏の情熱やバイタリティの源に迫る。
京都を代表する料亭・和久傳。進化をやめない、その哲学とは?
▲和久傳会長の桑村綾氏(写真提供:紫野和久傳)

『和久傳』の名前を守りたい。京丹後から京都市内へ。女将の決断。

『和久傳』は、明治3年、京都北部の京丹後市に料理旅館として誕生した。桑村氏がその『和久傳』に嫁いだのは昭和39年のことだ。丹後は江戸時代から絹織物、丹後ちりめんの交易地として栄えた場所だ。生糸を売りに来る商人や丹後ちりめんを買いに来る人たちが全国から集まり、賑わいを見せていた。商用でこの地を訪れる人たちの定宿として、また、会合の場としても用いられていたのが、ちりめん産業とともに、百年以上にわたって賑わいが続いた料理旅館『和久傳』だったのだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 料亭 名古屋
  2. 料亭 大阪
  3. 料亭 東京
Qeticの記事をもっと見る 2019年2月21日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「料亭 + 東京」のおすすめ記事

「料亭 + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「料亭 + 名古屋」のおすすめ記事

「料亭 + 名古屋」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「割烹」のニュース

次に読みたい関連記事「割烹」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。