『キャプテン・マーベル』新進気鋭監督2人が起用された理由とは?Qeticが独占公開!

『キャプテン・マーベル』新進気鋭監督2人が起用された理由とは?Qeticが独占公開!
「スター・ウォーズ」や「ハリー・ポッター」を超える、世界興行収入No.1シリーズのマーベル・スタジオ最新作『キャプテン・マーベル』。マーベル初の女性ヒーロー単独主役である本作の主人公は、過去の記憶を失ったミステリアスなヒーロー。彼女の記憶に仕掛けられた衝撃の事実を巡るサスペンスフル・アクションが遂に幕を開けた!

新進気鋭の監督が『キャプテン・マーベル』に起用された理由は?

一足早く公開を迎えたアメリカでは、オープニング興行収入全米No.1を記録し、全世界では『美女と野獣』を超えて女性主役作品で史上No.1のオープニング記録を樹立。さらにその勢いは留まるところを知らず、全米の興行収入は2週連続1位を記録した。3月15日(金)に公開となった日本では、3日間での興行収入6億1514万円、動員40万8225人の大ヒットをきって、マーベル最強ヒーローの名にたがわぬ堂々のデビューを果たし、大きな話題を集めている。近年、最新作が公開となるたびに大きな話題を生むマーベル・スタジオは、本作で今後のマーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)を引っ張るにふさわしい新たなヒーロー、キャプテン・マーベル(ヴァース)の誕生物語を描いた。マーベルがこの作品を託したのは、名の知れた著名な映画監督ではなく、これまでインディペンデント映画に精魂を注いできた2人。アンナ・ボーデンとライアン・フレックだ。世の中の大きな期待に応えるように世界中で大ヒットとなっている本作を手掛けたこのコンビはいったいどんな監督なのだろうか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Qeticの記事をもっと見る 2019年3月25日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「トイ・ストーリー」のニュース

次に読みたい関連記事「トイ・ストーリー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「美女と野獣」のニュース

次に読みたい関連記事「美女と野獣」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ハリー・ポッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ハリー・ポッター」のニュースをもっと見る

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。