竹内まりやの「ベイビー・マイン」でダンボが大空を飛ぶ|映画『ダンボ』エンドソングのMVが公開

竹内まりやの「ベイビー・マイン」でダンボが大空を飛ぶ|映画『ダンボ』エンドソングのMVが公開
ディズニーと鬼才ティム・バートン監督が、『ダンボ』をオリジナルの脚本で新たな物語として蘇らせた最新作『ダンボ』。公開直後から「竹内まりやさんのベイビー・マインが流れてもう泣きそう」、「まりやさんのベイビー・マイン良かったー」などと竹内まりや自らが歌詞の翻訳監修も手掛けた日本版エンドソングをはじめ、字幕版のアーケイド・ファイア(Arcade Fire)が担当する楽曲についても「アーケイド・ファイアの曲、本編終わって心洗われた状態で聴けるのでとっても染み込む」、「アーケイド・ファイアが歌うダンボのEDソング、素晴らしい」と各バージョンのエンドソング「ベイビー・マイン」が話題沸騰中だ。この度、そんな「ベイビー・マイン」を各国の言語とアレンジで歌い繋がれ、ダンボがまるで世界中を飛び回っているかのようなミュージック・クリップが解禁となった。

「ベイビー・マイン」特別ミュージック・クリップ

「ベイビー・マイン」は、ウォルト・ディズニーが贈りだした名作『ダンボ』の劇中歌で、第14回アカデミー賞では歌曲賞にノミネートされ、これまでも多くのアーティストがカバーするなど世界中で歌い継がれてきた名曲だ。到着した映像は、女優シャロン・ルーニーが演じるミス・アトランティスが劇中シーンで歌う「ベイビー・マイン」からスタート。続いて、スペイン版アカデミー賞とも称されるゴヤ賞で歌曲賞にもノミネートされた経験があり、バンドやソロアーティストとしても活躍するスペインのナイワ・ニムリ、イタリアで開催されるサンレモ音楽祭の大賞にも輝いた経験を持つイタリアのエリサ、ミュージカル俳優としても活躍する中国の郑云龙、そして、ダンボの物語のクライマックスで、いよいよ日本の竹内まりやへ歌い繋がれる。竹内まりやの「ベイビー・マイン」は、日本版エンドソングとして日本語吹替版のエンディングを飾っているが、本映像では物語がクライマックスに近づいたサーカスのシーンに乗せて流される。アニメーションをオマージュした、ピンクの象の美しい映像も歌声と合わせて印象に残る。そして、グラミー賞の最高賞とされる年間最優秀アルバム賞を受賞した経歴を持つアメリカ・カナダのアーケイド・ファイアがトリを飾り、ダンボの物語はクライマックスを迎える。各国のそれぞれの大物歌手の歌声とアレンジで、名 曲「ベイビー・マイン」が歌われ、ダンボの物語を一層ドラマティックに彩っている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 竹内まりや 山下達郎
  2. 竹内まりや 曲
Qeticの記事をもっと見る 2019年4月5日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「竹内まりや + 曲」のおすすめ記事

「竹内まりや + 曲」のおすすめ記事をもっと見る

「竹内まりや + 山下達郎」のおすすめ記事

「竹内まりや + 山下達郎」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「BOOWY」のニュース

次に読みたい関連記事「BOOWY」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。