『死霊館』の監督ジェームズ・ワン最新作『ラ・ヨローナ ~泣く女~』が5月10日全国公開!マスター・オブ・ホラーが日常に潜む”泣く女”の恐怖を語る

ジェームズ・ワンがヨローナを選んだ理由とは……!?

『死霊館』シリーズでマスターオブホラーの称号を手にし、今や『アクアマン』で世界的超一流監督へと変貌を遂げたジェームズ・ワン。本作ではプロデューサーに名を連ね、新鋭マイケル・チャベス監督を見出した。この度、ジェームズ・ワンが泣く女(ヨローナ)の第一印象を話し、おそらくマスターオブホラーにしか分からない悩みを打ち明け、メインキャストが泣く女の怖さをそれぞれの目線で語るスペシャル動画が解禁!「頭からやってみて!」と指示を飛ばすのは本作で長編監督デビューを果たしたマイケル・チャベス監督。アンナと子供たちが呪術医のラファエルのもとへ助けを求めやって来るシーンだ。まず口火を切るのは二人の息子が泣く女の標的になってしまうパトリシア役のパトリシア・ベラスケス。「私はメキシコで育ってヨローナの話をよく聞かされていたわ」と実体験をもとに、文化の中に溶け込んだ存在であることを示唆。
『死霊館』の監督ジェームズ・ワン最新作『ラ・ヨローナ ~泣く女~』が5月10日全国公開!マスター・オブ・ホラーが日常に潜む”泣く女”の恐怖を語る
© 2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.続いて主人公アンナを演じたリンダ・カデリーニは家に迫ってくる泣く女に立ち向かうシーンや、「泣き声を聞いた?彼女の涙に触れた?」と詰め寄られるシーンの後に「恐ろしい話よ。すごく怖いと思った!」と話す。呪術医ラファエルを演じたレイモンド・クルツはヨローナの物語を説明「ラ・ヨローナは怪談なんだ。浮気をした彼女の夫への復讐に、我が子を溺死させた女がヨローナなんだ」続けてリンダが「だから子どもを求めて彷徨っているの。怨念が消えることはないわ…」しかし、映像上蝋燭の光は消えた……。ここでお待ちかね! ジェームズ・ワンが登場。「どういうわけかいろんな人が僕のもとに幽霊話を聞かせに来るんだ」ワンのもとには様々な怖い話が集まる模様。しかしマスターオブホラーとしての自覚は無いようだ……。また「“ヨローナ”の物語にはインパクトがあった。時代を超えて語り継がれる―、人が成長していく上で必要不可欠な物語なんだ」と本作のベースとなった“ヨローナ”がいかに日常に溶け込んだ存在なのか、伝説の核となる要素を話している。最後にリンダが「すごくリアルな恐怖なの!」と泣く女が机上から襲い掛かる最悪のシーンをバックに熱弁。その恐怖が待ち遠しくなる動画が完成した!

あわせて読みたい

Qeticの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月17日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。