歴代キャストが続々登場!『X-MEN:ダーク・フェニックス』最新予告X-MEN/レガシー編が公開

歴代キャストが続々登場!『X-MEN:ダーク・フェニックス』最新予告X-MEN/レガシー編が公開
初期3部作、新4部作に加え『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』などのスピンオフも生み出した『X-MEN』シリーズにおいて、最終章となる『X-MEN:ダーク・フェニックス』。今回、20年近くにわたるシリーズのダイジェストに合わせ、本作で主演を務めるソフィー・ターナーやウルヴァリンを演じたヒュー・ジャックマンなどこれまで出演した数々のキャストが、シリーズの歴史と最新作について語る特別映像が到着した。

本日14日は”X-MEN DAY”!

この映像は、世界公開を前に開催された“X-MEN DAY”(LA時間5月13日/日本時間5月14日)のために用意されたレア映像だ。X-MENシリーズの伝説を祝して世界規模で展開されるイベント“X-MEN DAY”には、このレガシー映像のほか様々なコンテンツが解禁される予定となっている。

歴代キャストがシリーズを振り返る!/映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』【X-MEN/レガシー】編 6月21日(金)公開

このレガシー編映像はヒュー・ジャックマンの「最初の『X-MEN』は予想以上にヒットした」と、シリーズの皮切りとなった『X-MEN』を語る言葉から始まる。彼が演じたウルヴァリンは、X-MENを引っ張る存在として重要な役回りとなり、3作のスピンオフ作も生まれた人気キャラクターとなった。続けて、マグニートーを演じるマイケル・ファスベンダーも「新しい魅力があった。今までと違うぞってね」彼のキャリアの中でも衝撃的なシリーズだったと述べる。そして『X-MEN』で「恵まれし子らの学園」に送り込まれ戸惑うウルヴァリンに、「私はプロフェッサーX」と告げるパトリック・スチュアートとジェームズ・マカヴォイが演じたプロフェッサーXが登場。さらにジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)、マグニートー(イアン・マッケラン)、レイブン(ジェニファー・ローレンス)、サイクロップス(ジェームス・マースデン)、ビースト(ニコラス・ホルト)、ストーム(ハル・ベリー)とシリーズで活躍した主要キャラクターたちが次々と現れ、長きにわたるシリーズの軌跡をスピーディーに紹介。「全てのキャストが素晴らしい」とジャックマンが語る通り、キャラクターイメージにドンピシャなキャスティングとなった。初期3部作でプロフェッサーXを演じたパトリック・スチュアートが「このシリーズを後世に残したい。伝説となるキャラクター達の物語だ」と、個性的なミュータントたちが生み出す本作のエモーショナルなドラマが、アメコミ映画史に残る伝説になると称賛する。ジャックマンとスチュアートの2人は、映画史上最も同じキャラクターを演じた役者としてギネス記録にも認定されている。

あわせて読みたい

Qeticの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「マイティ・ソー」のニュース

次に読みたい関連記事「マイティ・ソー」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月13日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。