VENTとしては初の試み!GOMA meets U-zhaanがVENTに登場

VENTとしては初の試み!GOMA meets U-zhaanがVENTに登場
日本におけるディジュリドゥの第一人者GOMAと、タブラ奏者として縦横無尽に活動するU-zhaanによるユニットが5月25日(土)のVENTに登場する。

GOMA

GOMAは世界最古の管楽器ディジュリドゥ奏者だ。単身で渡豪し、98年にアボリジニーの聖地アーネムランドにて開催された「バルンガ・ディジュリドゥ・コンペティション」にて準優勝。ノンアボリジニープレイヤーとして初受賞という快挙を果たす。09年に交通事故に遭い「高次脳機能障害」と診断され活動を休止。事故後間もなく描き始めた点描画が評価され、各地で展覧会を開催。再起不能と言われた事故から苦難を乗り越え2011年フジロックフェスティバルにて伝説のライブを行い、奇跡の復活を成し遂げ音楽活動も再開した。2012年にはGOMAを主人公とする映画「フラッシュバックメモリーズ3D」が東京国際映画祭にて観客賞を受賞。現在はディジュリドゥ奏者、画家としてのみならず、講演会など多岐に渡り活動中。

U-zhaan

U-zhaanは、ザキール・フセイン、オニンド・チャタルジーの両氏からインドの打楽器タブラを師事。00年よりASA-CHANG&巡礼に加入し、4枚のアルバムを発表。10年に同ユニットを脱退後に、U-zhaan × rei harakamiとして作品を配信リリース。14年には坂本龍一、Cornelius、ハナレグミらをゲストに迎えたソロアルバム『Tabla Rock Mountain』を、17年には蓮沼執太&ユザーンとしてアルバム『2 Tone』をそれぞれリリースした。18年には坂本龍一の名曲「Energy Flow」の新アレンジ「Energy Flow – rework」をU-zhaan & Ryuichi Sakamoto名義で発表し、さらに今年に入ってからは同曲のラップバージョンとして環ROY、鎮座DOPENESSをフィーチャーした「エナジー風呂」を発表し話題となっている。VENTとしては初の試みとなるが、機械のみでは成し得ない人間の生み出す本質的なグルーヴを、エレクトロニック・ミュージックを愛するオーディエンスにもぜひ肌で感じてほしい。

あわせて読みたい

Qeticの記事をもっと見る 2019年5月14日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。