Googleマップから直接フードデリバリーを注文可能に|Googleのアップデートが話題

Googleマップから直接フードデリバリーを注文可能に|Googleのアップデートが話題
現地時間23日(木)、GoogleのサービスであるGoogle検索エンジン、Googleマップ、Googleアシスタントのアップデートが行われ、それぞれにレストランなどの料理を直接注文できる機能が追加されました。

アメリカで先行スタート

本アップデートでGoogleは、米国のフードデリバリーサービス5社と提携したことを発表。今後も提携会社を増やしていくことも合わせて公表しています。現在のところ、アメリカの数千の街でのみ利用が可能となっています。 本機能を利用方法は、Google検索エンジンやGoogleマップで希望のレストランを検索すると、「Order Online」というボタンが表示されます。そこから自身の好みに合わせて、ボタンをタップし注文すれば、わざわざレストランのホームページやアプリを開く必要なく、料理を注文することができるように。
Googleマップから直接フードデリバリーを注文可能に|Googleのアップデートが話題
同機能は、Googleアカウントを持っているユーザーなら誰でも利用可能です。クレジットカードや「Google Pay」での支払いも可能となっています。また、Googleアシスタントを利用して注文すれば、より簡単にオーダーも可能です。「ヘイ、Google、<レストラン名>に注文して」と話しかければ、注文の画面に移行します。また以前注文したことがあるレストランに対しては、「<レストラン名>に再注文して」と話しかけることで、過去の注文履歴が表示される仕様に。本機能の日本でのサービス開始時期は未定となっています。
Googleマップから直接フードデリバリーを注文可能に|Googleのアップデートが話題
Googleマップから直接フードデリバリーを注文可能に|Googleのアップデートが話題
Google

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.

あわせて読みたい

気になるキーワード

Qeticの記事をもっと見る 2019年5月24日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。