インタビュー Juno Mizobuchi|概念と言葉の間をヒトの世界に広げる

インタビュー Juno Mizobuchi|概念と言葉の間をヒトの世界に広げる

東京在住のイラストレーターJuno Mizobuchiが個展<Another ordinary day>を半蔵門ANAGRAにて8月23日(水)から9月3日(火)まで開催する。カラフルで立体的に無常感を描いてきた彼は現実に何をみているのか。メールインタビューに答えていただいた。

Juno Mizobuchi SOLO EXHIBITION"Another ordinary day"

Another ordinary dayいつもどおりの日常 自分は世界をどのように見ているのか? 目を開けてみているこの世界は、人それぞれ見え方が違います。というのも、我々は自分の世界だけしか常に見てはいないし、そもそも見ることは出来ません。 人々が共通した世界を見るべきだ、とは思っていません。むしろ、見方がそれぞれ違うということに面白さを感じます。 物事をすぐに伝えることができるので、言葉というのは便利です。ただその過程で省略されてしまう自分のイメージに対して、自ら執着して行くような気持ちがあればいいなと思います。 僕は、世界の中に浮遊するイメージを集めて、新たな一つを作るように描いています。皆さんの見ている世界の理を暴くとまでは言わずとも、感じることができれば幸いです。

インタビュー Juno Mizobuchi|概念と言葉の間をヒトの世界に広げる

Interview:Juno Mizobuchi

──自己紹介をお願いします。溝渕珠能です。京都精華大学デザイン学部イラストレーションコースを卒業しました。香川県で生まれ、大阪で育ち、大学時代は京都ですごしました。卒業後に東京へ移り、出版のインターンを経て作家として活動しています。──絵を描くようになったきっかけを教えてください。遡って考えるとすれば、おじいちゃんが絵を描くのが趣味の人で、ものすごくうまい人でした。そういうこともあって、お絵かき教室みたいなのにもずっと通っていました。でも大阪に引っ越してからは辞めて、お受験の流れみたいなのに乗って塾ばっかりになりましたね。そのまま、小中高とお受験な生活を味わい、唐突に高校生の時に画塾へ通い始めました。絵を描くきっかけは何回も訪れたのかな、と思います。──作風について教えてください。ヒトそれぞれ世界の見方は違っていますよね。目で見ているものはいっしょなのに、ヒトによって受ける印象が違っているんです。その違いには、果てしなく続く想像力があると思っています。見たものを伝える時には必然的に言葉に置き換える必要があって、頭の中にはいっぱいイメージが詰まっていたのに、その時にほとんど省略されてしまう。僕はそれをもったいないと感じます。なので、人々が世界の見方について、もっと考えられるような作品を作りたいと思っています。いろいろなヒトの世界に近づくために、色や形、線や空間への配置などの小さな要素を用いて絵を描いています。


あわせて読みたい

Qeticの記事をもっと見る 2019年8月28日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら