『ジョーカー』がコミック映画史を塗り替えた!コミック映画歴代利益率で堂々の1位に

『ジョーカー』がコミック映画史を塗り替えた!コミック映画歴代利益率で堂々の1位に
世界中で大ヒットを記録し、社会現象にもなっているDCコミックス原作の映画『ジョーカー』。アカデミー賞ノミネートの声も上がっている本作がまた新たな記録を更新し、話題となっている。

『ジョーカー』コミック映画史上、利益率No.1に

米・フォーブス誌の発表によると、『ジョーカー』は現在北米だけで3億420万ドル、全世界で9億5,400万ドル(日本円にして1,039億円)の興収を稼ぎ出しているようだ。本作はわずか6,250万ドルの制作費で制作されているため、約15.3倍の利益率となっている。この利益率はこれまで記録を保持していた『ヴェノム』の利益率(9,000万ドルの制作費で、8億5,400万ドルの興収)を大きく上回っており、コミック映画の歴代1位の記録となっている。また9億ドルの興収を稼ぎ出した映画の中でも、『ボヘミアン・ラプソディ』、1994年公開のディズニー映画『ライオン・キング』に次いで、歴代映画史上3番目に安い制作費となっている。また本作は公開終了までに、今後10億40万ドル~10億810万ドルの全世界興収が見込まれているが、この数字はDCコミックス実写化映画の中でも、『アクアマン』の11億4,800万ドル、『ダークナイト ライジング』の10億810万ドルに次いで、3番目の記録となる模様だ。記憶にも記録にも残る素晴らしい功績を残しつつある『ジョーカー』。まだこの『ジョーカー』旋風を味わっていないというあなたはぜひ劇場へ!

INFORMATION


ジョーカー

絶賛公開中!!監督・製作・共同脚本:トッド・フィリップス共同脚本:スコット・シルバーキャスト:ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロほか配給:ワーナー・ブラザース映画© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & © DC Comics”詳細はこちら

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.

あわせて読みたい

Qeticの記事をもっと見る 2019年11月11日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。