米津玄師“馬と鹿”新たな快挙!ドラマアカデミー賞最優秀ドラマソング賞受賞|ラグビーW杯でも度々使用

米津玄師“馬と鹿”新たな快挙!ドラマアカデミー賞最優秀ドラマソング賞受賞|ラグビーW杯でも度々使用
米津玄師の楽曲“馬と鹿”週間ザテレビジョン主催・第102回ドラマアカデミー賞において最優秀ドラマソング賞に選ばれた。

熱いシーンやラグビーW杯で度々使用され、人気を博す“馬と鹿”

“馬と鹿”は日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』の主題歌として、米津玄師が書き下ろした楽曲。同ドラマは、ラグビーをモチーフとしたドラマ作品で、主演の大泉洋演じる君嶋GMが、チーム解散の危機において、時に厳しく時に力強く選手たちを鼓舞するシーンをはじめとして、回を増すごとにドラマと共に大きな話題となった。また、個性豊かなメンバーが一丸となって勝利を目指す熱い試合のシーンで“馬と鹿”が流れたことで、感動的かつ印象的なワンシーンとして注目を集めるなど、米津の楽曲がドラマの魅力をさらに引き出した。受賞に当たり、米津玄師は「とても光栄です。素晴らしいドラマがあってこその受賞だと思うので、審査してくださった方々並びにドラマの制作スタッフの方々にも感謝の気持ちを伝えたいです。」と改めて感謝の言葉を寄せた。“馬と鹿”は、ドラマ終了後もラグビーのワールドカップなどで流されるように。試合終了後のスタジアムや、ラグビー関連のニュース、番組で度々使用された。日本代表の福岡堅樹選手がツイッターで米津玄師に向けて「いつもありがとうございます!本当に力をもらっています」とコメントするなど、現役代表選手や闘う人たちの背中を押すアンセムとして話題に。現在もラグビー日本代表のテレビ出演の際には、番組でも使用されるなど、今大会を象徴する1曲として認知されている。シングル“馬と鹿”は今もなお大ロングセラーを継続中。デジタルランキングでは

あわせて読みたい

Qeticの記事をもっと見る 2019年11月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。