伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10
伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10

先日シュトゥットガルトからバイエルン・ミュンヘンへと移籍することになった伊藤洋輝。日本代表でも主力を担っているディフェンダーが、ドイツ最高峰のクラブへと加入する運びとなった。

今回は「バイエルン・ミュンヘンが獲得した歴代最高額のディフェンダー」のTOP10をご紹介する。

10位:ニクラス・ジューレ

伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェン...の画像はこちら >>

加入元:ホッフェンハイム

加入シーズン:2017-18

移籍金:2000万ユーロ(およそ33.85億円)

現在ボルシア・ドルトムントに所属しているニクラス・ジューレ。21歳でホッフェンハイムからバイエルンに加入したときには2000万ユーロの移籍金が拠出された。

バイエルンでは5シーズンに渡ってプレーし、公式戦171試合で8ゴールという記録を残している。そして2022年夏にフリーエージェントで退団した。

9位:伊藤洋輝

伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10
伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10

加入元:シュトゥットガルト

加入シーズン:2024-25

移籍金:2300万ユーロ(およそ38.93億円)

9位に入ったのが今回加入した伊藤洋輝。事前の報道ではシュトゥットガルトの契約解除条項に設定された3000万ユーロになったと言われていたが、『Kicker』は加入の後に「2300万ユーロ+ボーナス最大500万ユーロ」だと伝えている。

シュトゥットガルトを今季ブンデスリーガ2位に導く活躍を見せ、センターバックと左サイドバックをこなし、3バックにも対応できるという能力が高く評価されている。

8位:メフディ・ベナティア

伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10
伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10

加入元:ローマ

加入シーズン:2014-15

移籍金:2800万ユーロ(およそ47.39億円)

現在はマルセイユでスポーツディレクターを務めている元モロッコ代表のセンターバック。ローマで活躍を見せたあと、2014年にバイエルンへと加入した。

ドイツではそれほどうまく行かず、2年後にユヴェントスへ期限付き移籍してからも復活に至らなかったが、バイエルン加入当時は「ゲームも作れる大型センターバック」として世界でも高く評価されていた。

7位:サシャ・ブイ

伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10
伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10

加入元:ガラタサライ

加入シーズン:2023-24

移籍金:3000万ユーロ(およそ50.78億円)

レンヌの下部組織からトップに昇格し、若くしてガラタサライへと移籍したフランス人サイドバック。トルコでの実績が評価され、今年1月に23歳でバイエルンへと加入した。

ただ2月の段階でハムストリングの負傷で離脱し、さらに筋断裂の怪我を重ねたことでプレーの機会を得られず、まだ2試合の出場にとどまっている。

6位:バンジャマン・パヴァール

伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10
伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10

加入元:シュトゥットガルト

加入シーズン:2019-20

移籍金:3500万ユーロ(およそ59.24億円)

2018年のワールドカップでフランス代表のいち員として優勝に貢献し、アルゼンチン戦では驚愕のスーパーゴールを決めたパヴァール。その半年後にシュトゥットガルトから3500万ユーロでバイエルンに加入している。

それから4シーズンに渡ってバイエルンでレギュラーを務めたあと、昨年夏にイタリアのインテルへと移籍した。売却した際の移籍金は3000万ユーロ。

5位:マッツ・フメルス

伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10
伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10

加入元:ボルシア・ドルトムント

加入シーズン:2016-17

移籍金:3500万ユーロ(およそ59.24億円)

ユース時代をバイエルンで過ごしたものの、移籍したボルシア・ドルトムントでブレイクしたマッツ・フメルス。そして2016年に古巣へと復帰したが、その際に3500万ユーロの移籍金が動いた。

バイエルンでは3シーズンを過ごして公式戦116試合に出場し、それからボルシア・ドルトムントへと復帰している。

4位:ダヨ・ウパメカノ

伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10
伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10

加入元:RBライプツィヒ

加入シーズン:2021-22

移籍金:4250万ユーロ(およそ71.94億円)

ヴァランシエンヌのユースで大活躍を見せ、16歳でレッドブル・ザルツブルグへ移籍したダヨ・ウパメカノ。オーストリアでも力を発揮し、RBライプツィヒで大ブレイクしたあとにバイエルン・ミュンヘンへとやってきた。

4250万ユーロという大きな移籍金が支払われた彼は初年度からバイエルンのレギュラーポジションを奪取し、3シーズンで公式戦114試合に出場している。

3位:キム・ミンジェ

伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10
伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10

加入元:ナポリ

加入シーズン:2023-24

移籍金:5000万ユーロ(およそ84.63億円)

昨季ナポリをセリエA優勝に導いた韓国代表センターバック。カリドゥ・クリバリの後釜という評価以上の活躍を見せて大ブレイクし、5000万ユーロの移籍金でバイエルンへと加入した。

この額はアジア人選手として史上最高記録であり、前半戦ではその期待に値するプレーを見せた。ただ後半戦では疲れもあってかパフォーマンスを落とし、ベンチに座る機会も多くなっている。

2位:マタイス・デ・リフト

伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10
伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10

加入元:ユヴェントス

加入シーズン:2022-23

移籍金:6700万ユーロ(およそ113.4億円)

若くしてアヤックスで大活躍を見せたオランダ代表センターバック。イタリア・セリエAのユヴェントスでプレーしたあと、2022年の夏にバイエルンへ加入することになった。

現在のところ、彼がセンターバックとしてはバイエルンの歴史上最も高額な補強となっている。

1位:リュカ・エルナンデズ

伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10
伊藤洋輝は何位?バイエルンが獲得した「歴代最高額のディフェンダー」TOP10

加入元:アトレティコ・マドリー

加入シーズン:2019-20

移籍金:8000万ユーロ(およそ135.41億円)

現在のところバイエルン・ミュンヘンが獲得したディフェンダーのなかで最も高額な存在がリュカ・エルナンデズだ。2019年に23歳で獲得されたとき、移籍金は8000万ユーロに達した。

ただ怪我もあって常にレギュラーとはいかず、4シーズンで公式戦107試合の出場にとどまり、ゴールも2つだけだった。昨年夏に4000万ユーロの移籍金でパリ・サンジェルマンへと移籍している。

ちなみに、アルフォンソ・デイヴィスはマルセル・ヤンゼンと並んで1400万ユーロで11位となっている。