新型オービス「MSSS」の驚くべき測定性能とは

新型オービスとは、2014年と2016年の試験運用を経て、2017年から全国の県警で導入され始めた非定置式のタイプです。地面に固定するものもありますが、総じてコンパクトで持ち運び可能なため、設置場所を移動しやすいのが特徴です。新型オービス「MSSS」の驚くべき測定性能を見ていきましょう。

新型オービス「MSSS」の驚くべき測定性能とは


新型オービスの可搬式が「MSSS」

新型オービスはレーダー波を使って車速を測る定置式の「SWSS」、可搬式の「MSSS」。レーザー式で半可搬式の「LSM-300-HK」「LSM-100-K」、可搬式の「LSM-300」の存在が確認されています。

このうち、スウェーデンからやってきたセンシス社の簡易移動オービスとも言えるのが「MSSS」。「モービル・スピード・セイフティ・システム」の略になります。まるで火星人のような見た目が最大の特徴です。

測定ユニット内にはカメラとレーダーが装備されており、複数車線を追跡できます。また、バッテリーは8時間程の充電で1,000件の取り締まりが可能と高性能。おまけにデータは40,000件も入ります。

埼玉県では「MSSS」による夜間の取り締まりが目撃されました。測定ユニットの前方に三脚付きのストロボが置かれたりするので、従来のレーダー取り締まりよりも発見しやすいかもしれません。


新型オービスは3車線を同時に計測

新型オービスの「MSSS」のストロボの発光は、従来のオービスのような赤外線ストロボではなく、カメラのフラッシュのような白色のストロボ光であることも報告されています。実際、MSSSの性能をアピールするセンシス社の公式動画が「MSSS vs ポルシェ911」でも、白色に光るストロボを確認することができます。

あわせて読みたい

記事提供社から

「新型オービス「MSSS」の驚くべき測定性能とは」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    違反車両を捕まえるのではなくて違反車両が出ないような道路整備や法改正が必要だと思うのですが。国庫金が予算に組み込まれてること自体が異常。

    4
  • 匿名さん 通報

    交通違反金を警察が自分たちの懐に入れていることは元警察官が証言している。昨今は1分駐車しても罰金をとる腐れ外道監視員システムでぼろ儲け。汚い警察潰れろ!!!

    2
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。