ラジオの受信感度がアップするお手軽アンテナ術

室内でラジオを使っていて、ノイズが多くて聞こえづらい時はラジオを窓ぎわに持っていきます。さらに、AMラジオであればラジオ本体を左右に回すことで感度よく聞こえるはず。FMラジオの場合は、伸ばしたロッドアンテナの向きが重要です。ラジオの受信感度がアップするお手軽アンテナ術を紹介しましょう。

ラジオの受信感度がアップするお手軽アンテナ術


AMラジオは本体を送信所に向ける

AMラジオ放送で聞こえづらい時は、ラジオ本体を左右に回して下さい。これは内蔵バーアンテナの向きを変えるため。角度の微妙な調整で感度良く聞こえてきます。その向き(ラジオの正面)もしくは後面から、AMラジオ放送の電波が飛んで来ているのです。本体正面を送信所の方角に向けるのが、感度アップの秘訣です。

さらにAMラジオの感度を上げるなら、ループアンテナの使用に尽きます。ただし、高性能なループアンテナは大型で高価な製品が多く、さらに品薄状態です。

オススメしたいのが、パナソニックの純正品「RP-CNME30」です。小型なので持ち運びにも便利で、実勢価格も1,000円以下とリーズナブル。コストパフォーマンスに優れたアンテナです。AMラジオ用のアンテナ端子が無い場合は、内蔵バーアンテナを巻く方向で、ラジオ本体にコードを巻き付ければ、電気的につながります。


T型フィーダーアンテナを自作する

FMラジオ放送の場合は、ラジオ本体の向きよりも長く伸ばしたロッドアンテナの向きが重要。基本的には垂直に伸ばして使うのですが、アンテナを前後左右に少しずつ振ってみると、感度がアップするポイントが見つかります。


あわせて読みたい

ラジオライフ.comの記事をもっと見る 2019年1月17日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。