「公安調査庁」と警察の「公安」とは何が違う?

「公安調査庁」と警察の「公安」とは何が違う?
拡大する(全1枚)

オウム真理教関連の事件があると「公安調査庁」という耳慣れない役所の名前が登場することがあります。何らかの調査を行っていることはわかりますが、実際にどのような活動をしているのかは、あまり知られていません。この公安調査庁と警察の公安とは何が違うのでしょう。

「公安調査庁」と警察の「公安」とは何が違う?の画像はこちら >>


公安調査庁はあくまで情報機関

公安調査庁は、国家の安全を脅かす団体や人物についての情報を集める機関で、法務省の下に置かれています。元々は、破壊活動防止法のために作られた省庁で、当初は左翼過激派の調査・監視がメインの役割でした。

国が持つこのような組織は情報機関と呼ばれ、世界的にはアメリカのCIA、イギリスのMI6などが有名です。日本ではほかにも内閣か指揮する内閣情報調査室があります。あくまでも情報機関なので、公安調査庁の人に会ったからからといっていきなり職務質問されたり、どこかに連行されたりすることは基本ありません。

実は、警察内にも情報機関である公安部門があり、警視庁に公安部が置かれているほか、道府県警では警備部に公安専門担当の課があります。こちらは警察なので、公安調査庁と違い犯罪を見つけたりした場合は、強制捜査や逮捕もに踏み切ることもあります。


公安調査庁の職員はわずか千人

公安調査庁職員の主な仕事は膨大な資料を読んで整理するデスクワークだといわれています。これは、インターネットや新聞・テレビなどで公開された情報を知らないと、より深い情報までたどりつけないためです。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ラジオライフ.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク