ミニファミコンを自分好みにソフト入れ替え改造

ミニファミコンはソフトを“内蔵”しているため、手持ちのカセットを挿して遊ぶことはできません。確かに内蔵ソフトは人気タイトルを押さえているものの、思い入れのあるゲームは人それぞれです。そこで、コアなゲーマーはミニファミコンを改造して内蔵ソフトのカスタマイズを実践しているといいます。

ミニファミコンを自分好みにソフト入れ替え改造


ミニファミコン改造に使われるツール

誰もが親しんだ懐かしのファミコンゲームが手軽に遊べる「ニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータ(以下、ミニファミコン)」。手の平サイズの本体に、往年の名作が30本収録されたファミコンの復刻版は、2016年11月の発売と同時に即完売。長い間、入手しづらい状況が続いていましたが、2018年6月に再販がスタートし、ようやく手に入りやすくなりました。

エミュレータによって動作するミニファミコンは、ファミコンのROMファイルさえあれば、収録ゲーム以外でもプレイできます。収録ゲームを入れ替え改造すれば、自分好みのラインアップにできるのです。つまり、入手困難なミニファミコンの「ジャンプバージョン」の自作も不可能ではありません。

ミニファミコンの改造に使われているのが「hakchi2」というツール。ソフトのカスタマイズ以外にも、さまざまな改造が可能なミニファミコンハックツールです。PCとミニファミコンをUSB接続してこのツールを利用するだけで、本体の分解などを行わずに内蔵ソフトを書き換えられます。


あわせて読みたい

ラジオライフ.comの記事をもっと見る 2019年4月20日のIT記事
「ミニファミコンを自分好みにソフト入れ替え改造」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    コアじゃなくて、ただの暇人

    1
  • 匿名さん 通報

    短い!紹介だけかよ。やってみた感想は? 発売当初に入れ替えツールがすぐに登場したから分かってるよそういう事は。

    1
  • 匿名さん 通報

    合法的に懐かしのROM用意できる人なら、ソフトの入れ替えなんて簡単。30年以上前の良品カセット用意して、ROM吸出し環境つくって、マッパー調整して、って作業の過程でROM入れ替えの技術は身についてる。

    1
  • 匿名さん 通報

    結局大多数の読者の方は自分でROMを用意できないのでこういった記事は問題がありそうですが、記者の方はどう考えているのか気になります。

    0
  • 匿名さん 通報

    サイトからROMを違法ダウンロードする輩が多いのだから犯罪助長にならぬよう 自分で吸出しして行わなければ犯罪になるとしっかりと書いて欲しい

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。