レーザー式オービスが速度測定するポイントは?

全国各地で新型オービスによる取り締まりが報告されています。新型オービスは「固定式・半可搬式・可搬式」の3タイプありますが、目撃情報が多いのが可搬式。東京航空計器によって製造された「LSM-300」です。最大の特徴はスピード測定にレーザー式を採用していること。レーザー式オービスの性能を見ていきます。

レーザー式オービスが速度測定するポイントは?


可搬式の新型オービスにレーザー式

そもそも新型オービスの試行運用が始まったのは2014年。道路脇にポールを埋めて設置する「固定式」と、台車などで移動する「半可搬式」、三脚に載った最も小型な「可搬式」の3タイプを検討。速度測定はいずれもレーダー式でした。

このうち、固定式の新型オービスは2016年3月から埼玉県と岐阜県で運用を開始。埼玉県の新型オービスは2018年2月に放火によって一時運用を停止しましたが、現在は監視カメラを増設して運用されています。

半可搬式の新型オービスは2016年に突如、国産唯一のオービスメーカーである東京航空計器が製造する「LSM-300-HK」が追加。こうして、レーザー式を採用したオービスが導入されました。

さらに、2017年4月に可搬式の新型オービスとして東京航空計器のレーザー式の「LSM-300」が初お披露目されたのです。なお、可搬式の新型オービスとして当初から検討されていたセンシス社の「MSSS」も、幹線道路などで目撃されています。


レーザー式オービスの判定ポイント

「LSM-300」の撮影ユニットはタテ型。レーダー式やループコイル式のオービスの撮影ユニットのような形状です。本体には、上からストロボ・カメラ・レーザースキャンセンサーが並んでいます。


あわせて読みたい

ラジオライフ.comの記事をもっと見る 2019年5月12日のIT記事
「レーザー式オービスが速度測定するポイントは?」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    北海道警の不正を暴こうとした黒木昭雄氏は道警に消され、殺した奴は異例の出世をしている。もちろん警察庁もグル。

    11
  • 匿名さん 通報

    交通違反金を警察がネコババしている事実は大勢の内部の人間がルポしている。

    5
  • 匿名さん 通報

    北海道知事だったバカ女は高額の退職金を受け取って引退。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。