ETC割引でアクアライン料金が75%も安くなる理由

神奈川と千葉を東京湾を突っ切って結ぶアクアライン。開通当初は料金設定が高く「金持ち専用道路」などという言われ方をしたこともありました。しかし、今はETC限定で大幅な割引が行われて、断然使いやすくなりました。今回は、アクアラインのETC割引システムを紹介します。

ETC割引でアクアライン料金が75%も安くなる理由


現金で走行すると高額なアクアライン

1996年に開通した東京湾アクアラインですが、開通当時は通行料金が高いことで話題になりました。いまでも現金で支払う場合、神奈川県側の川崎浮島JCTから千葉県側の木更津金田ICまでは普通車で3090円と高額のままです。

そのため、アクアライン経由の方が距離が短くても、経由しないルートの方が安くなることがほとんど。例えば、東北道の栃木ICから館山道の木更津南ICへ行く場合、距離の短いアクアライン経由が7390円なのに対し、経由しないルートは5270円です。

高額の通行料金がドライバーに嫌われ、アクアラインの通行量は少ないままでした。状況が変わるのは2009年8月のこと。ETC割引で、川崎浮島JCT~木更津金田ICの通行料金が普通車800円へ割引されることが決まったためです。


ETC割引でアクアライン料金が値下げ

アクアラインの割引・値下げは、森田健作・現千葉県知事が初当選の際に掲げた公約でした。森田知事は当選後さっそく割引に関する交渉を始め、国と千葉県が割引料金を負担することで、ETC限定割引として実現したのです。


あわせて読みたい

ラジオライフ.comの記事をもっと見る 2019年5月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。