白バイ最新モデル「ホンダvs.ヤマハ」の価格差

現在、日本の道路を走る白バイはホンダ車のシェアが圧倒的です。しかし、少数ではありますがヤマハ車の白バイも頑張っています。世界を代表するオートバイメーカー2社の白バイで装備にどの程度違いがあり、値段にどれぐらいの差があるのか、調べてみました。

白バイ最新モデル「ホンダvs.ヤマハ」の価格差


白バイで圧倒的シェアを持つホンダ

日本全国でもっともよく見かける白バイは、ホンダCB1300Pでしょう。ベース車のCBR1300 Super Bold’orは2005年発売ですが、白バイに採用されたのは2009年からです。

白バイ仕様で市販車と大きく違う部分は、後部座席部分に白いボックスがあることと、サイドバンパーが付いていること。丸形メーターが特徴の市販車に対し、CB1300Pはデジタルメーターを採用。スピード違反取り締まり時に測定した速度は、付属のプリンターで印刷できる仕組みになっています。

緊急走行に必要な赤色回転灯とサイレンアンプ・スピーカーも搭載。赤色回転灯は後部マストの上、フロントカウル両脇にスピーカー一体で各1個が付きます。


ヤマハの白バイは2種の赤色灯が存在

一方、ヤマハの白バイ・FJR1300APは同社のツアラーモデル・FJR1300Aがベースモデルです。警察庁では2014年に30台を導入しています。そのほか、警視庁などが都道府県予算で採用するケースもあります。

白バイには警察庁が決めた仕様があり、FJR1300APでも基本装備はCB1300Pと変わりありません。とはいえ、細かな違いはあり、CB1300Pはフルデジタルメーターなのに対し、FJR1300APの場合はエンジン回転数だけメーターがアナログ表示となっています。


あわせて読みたい

ラジオライフ.comの記事をもっと見る 2019年5月19日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。