4Kチューナー搭載のBDレコーダーの大本命は?

4Kチューナー搭載のBDレコーダーの大本命がパナソニックのBDレコーダー「DMR-SUZ2060」です。地デジ・BS/110度CSチューナー×2基に加え、地デジ・BS/110度CS・4Kチューナーも1基搭載しており、3番組の同時録画が可能。メイン機として乗り換えたり、全録レコーダーのサブ機として4K録画用に導入するのもありでしょう。

4Kチューナー搭載のBDレコーダーの大本命は?


BDレコーダーでワンタッチ4K録画

4K放送は、オリジナルの「4KDRモード」で内蔵2TBのHDDに約130時間保存可能。圧縮録画(最大15倍)を選ぶと、地デジなどと同じくハイビジョン画質での録画になります。とりあえずは、4KDRで録画しておき、BD-Rなどにダビングしつつ、必要に応じて変換するのがスタンダードな流れになるでしょう。

再生設定の細やかさにも注目。HDR調整では黒レベルや白階調、3種のノイズ低減、番組とCMとの自動音量調整など、自分好みに微調整が可能です。サービスモードで追い込みたい映像フリークも十分納得できるハズ。

ちなみに、4K放送はACAS方式を採用。本機の場合は、B-CASカードの機能もACASチップに内蔵されています。

従来の基本機能をブラッシュアップした上で、スマホでのリモート視聴やスマートスピーカーと連携して声で操作できるなど、最新機能も充実しています。ここでは注目したい4つのポイントを見ていきましょう。

1つめは「ワンタッチで4K録画」です。予約録画は、地デジやBSを録画する感覚で番組表ボタンを押して、EPGから選択。リモコンで「4K」ボタンを押し専用EPGに切り替えればOKです。オリジナル画質で保存する場合は「4KDR」を選びます。


あわせて読みたい

ラジオライフ.comの記事をもっと見る 2019年5月25日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。