制帽や警察手帳など警察グッズいくらで買える?

公衆の面前で、警察官と見間違わせるような制服や装備品を身につけるコスプレをすると軽犯罪法に触れる可能性があります。しかし自宅なら、どれだけ完成度の高い警察コスプレをしても問題ありません。本物に迫る精巧なアイテムで、自宅で憧れの警察官になるための警察グッズはいくらで買えるのでしょう。

制帽や警察手帳など警察グッズいくらで買える?


警察手帳は現在はフラット型が主流

例えば警察官の被る帽子は、その任務や所属によってさまざまな種類があります。男性警察官の制帽は、サイドの帯章で着用する警察官の階級を表示。そんな制帽の実勢価格は35,000円です。

警察官が活動服着用の際に着用する活動帽は実勢価格16,000円。ガサ入れなどの捜査の際に着用される出動帽は実勢価格10,000円です。活動帽がいわば「作業用」なのに対して、出動帽は「戦闘用」ともいえるでしょう。

警察手帳のレプリカは横開きの旧タイプが実勢価格20,000円。「警察手帳」の文字は金の箔押しで印字されています。タテ開きの現行タイプのフラット型警察手帳は実勢価格30,000円。名札側が従来のものより薄くなっており、バッジを表にした状態で折りたためます。

紋章部分が盛り上がった出べそ型と呼ばれる警察手帳は実勢価格25,000円です。名札部分に傷が付くため、現在はフラット型が主流となっています。


警察グッズは装備小物にもこだわる

そんな制服や装備品が揃う専門ショップが「プロテクトアームズ」。警察グッズ購入は会員制です。サイト未掲載の商品も多数アリです。


あわせて読みたい

ラジオライフ.comの記事をもっと見る 2019年6月20日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。