ファミコンを現行テレビに接続できるように改造

1983年に任天堂が発売した「ファミリーコンピュータ」は世界的なブームとなった伝説の家庭用ゲーム機です。ただし、中古の本体を買ってきても、当時のファミコンはRF接続なので、アナログチューナーが無い最新テレビには接続できません。そこで、ファミコンを現行テレビに接続できるように改造してみましょう。

ファミコンを現行テレビに接続できるように改造


ファミコンをコンポジット接続に改造

ファミコンのRF接続は、ビデオ端子の映像で使われるコンポジット信号をわざわざ内部でRFに変換して出力しています。ファミコン発売当時はコンポジット端子を搭載したテレビは少なく、接続にアンテナ端子を使うRFが適していたためです。

つまり、ファミコンの出力はコンポジット信号にわざわざ変換することなく、メイン基板から直接取り出せるということ。とはいえ、一般的なコンポジット信号の規格とは異なるため、出力するにはビデオアンプが必要になります。

また、音声信号も基板から取り出せますが、こちらもそのまま端子をつないでもノイズや音割れが発生するので音声回路が必要です。なお、基板上のコンデンサに蓄電されていると非常に危険なので、改造の作業前・作業中のファミコンは絶対にACアダプタにつながないようにしてください。

まずは、ユニバーサル基板にビデオアンプの回路を組み立てます。ファミコン本体内に収めるため、できるだけコンパクトに配置。極性のあるコンデンサを使う時はIC側にプラス(長い足)がくるよう注意してください。


あわせて読みたい

ラジオライフ.comの記事をもっと見る 2019年7月22日のIT記事
「ファミコンを現行テレビに接続できるように改造」の みんなの反応 1
  • 海猫亭 通報

    ずいぶん前からこういうのあるんですが?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。