YouTube著作権監視システムの7つの抜け穴とは

YouTubeが100億円以上かけて構築した、著作権を守るための監視システムが「Content ID」です。このContent IDによって、著作権のある動画や音楽が違法アップロードされる件数はかなり減ってきています。とはいえ、今もなお、違法動画を無許可でアップして、広告収入を稼ぐ悪い輩がいるのも事実です。

YouTube著作権監視システムの7つの抜け穴とは


音を編集してContent IDをすり抜け

YouTubeには、今もなお規制をすり抜けて他人の著作物を勝手にアップし、広告収入を稼ぐ悪党が数多く存在します。彼らはどのようにして、YouTubeの強力な監視システムをすり抜けているのでしょうか。

ここ数年で最も流行っているのが、ワイプ加工を使った手法。動画内の一部に別窓を設置して、その中でテレビ番組を流す方法です。ワイプ加工することで、YouTubeや権利者からの監視を一時的に回避できるようです。

映像と音声をあえてズラしたり、他の音声(雑音)を上から入れたりするなど、音を編集してContent IDをすり抜ける方法もあります。最近では、番組の一部分の音声をミュート化しているコンテンツも増加中です。

別の機材を使って撮影した動画もContent IDをすり抜ける手法の1つ。テレビフレーム自体も映り込んでいることで、ContentIDがオリジナル映像だと誤認識するケースがあるようです。


速度を変えてContent IDをすり抜け

Content IDにデータが無い過去の番組を利用するという手法もあります。昔の番組の場合、Content IDにデータが存在せず、かつ権利者からの申し立てが最新の番組に比べてはるかに少ないからです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ラジオライフ.comの記事をもっと見る 2019年8月14日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Twitter」のニュース

次に読みたい関連記事「Twitter」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュース

次に読みたい関連記事「YouTube」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。