Chromium OSなら低スペックPCでもサクサク動作

次々と新しいモデルが登場するパソコンの世界において、数年前の古い製品はあっという間に低スペック。もはやゴミ同然です。低スペックPCをどうにか活用したいなら「Chromium OS」を導入するという選択肢があります。さっそく、ドライバーの不具合で起動できない低スペックPCにChromium OSを導入してみました。

Chromium OSなら低スペックPCでもサクサク動作


Chromium OSは無料で導入できる

「Chromium OS」とは、GoogleChrome OSのオープンソース版のこと。元はGoogleが開発したOSで、Chromeブラウザ上で各種Webアプリを使うことを前提に開発されています。GoogleドライブやドキュメントといったGoogleサービスに最適化されたOSといえるでしょう。

Windowsに比べてOS自体が非常に軽く、低スペックの古いPCでもサクサク動作するのが特徴です。「Chromebook」というChromeOSを搭載したノートパソコンは、低スペックな本体を採用することで、モデルによっては2万円を切る低価格を実現しています。

Chromium OSはオープンソースなので、さまざまな種類が存在。中でも最も導入が簡単なのが、Neverware社の「CloudReady」。企業が使用する場合はライセンス料がかかりますが「Home Edition」であれば無料です。


Chromium OSはUSBから起動できる

このほかに揃えるモノとしては、Chrome OSを導入する低スペックPC(USB端子付き)とブート用のUSBメモリ(8GB以上)。今回使用したのは2007年発売の東芝のノートパソコン「TX/66C」。ドライバーの不具合で起動できないジャンクPCです。


あわせて読みたい

ラジオライフ.comの記事をもっと見る 2019年8月18日のIT記事
「Chromium OSなら低スペックPCでもサクサク動作」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    起動だけなら猿でもできる

    4
  • 匿名さん 通報

    数年前のPCはゴミ、というからどんなのが使われるのかと思いきや、12年前はさすがに擁護できないレベルだった…。

    1
  • 匿名さん 通報

    まぁ気が付くころにプログラムが重くなってるだろうけどな。現行OSも訳の分からないコードを残して重くしているが、消せば消したで凍り付いて何ともならないことになるからどんどんと重くなっていくわな。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。