スパイグッズを買うなら国産品と中華製どっち?

調査や監視用の特殊な機器、いわゆる「スパイグッズ」。かつては国産の専門メーカーが提供する商品ばかりで、価格も5万円以上がざらでしたが、ネット通販の普及とともに安価な中華製も増えてきました。今では5千円~1万円程度で手軽に買えるモノも多数あります。スパイグッズを取り巻く現状について解説しましょう。

スパイグッズを買うなら国産品と中華製どっち?


スパイグッズはプロ向けに販売された

スパイグッズはカメラタイプと音声を集音するICレコーダータイプが基本ですが、大きく2ジャンルに分類できます。1つは、コンパクト化を追求した小型のモノ。もう1つが、ボールペンやUSBメモリなど別のモノにカモフラージュした擬装型です。

小型化の開発過程で、擬装型の方向にも進化したのでしょう。この擬装型は、単に形を似せているだけでなく、ボールペン型ならボールペンとして文字を書けたり、USBメモリ型ならPCに挿して充電&データの保存も可能といった具合に、擬装元の機能も備えるようになっています。

こういった特殊なアイテムは元々、日本の専門メーカーが少ロットで生産し、東京・秋葉原や大阪・日本橋のセキュリティショップでプロ向けに販売されていたもの。価格も高く5万円程度からというのが相場でした。

スパイグッズのメインユーザーは、警察関係者や探偵など調査のプロ。彼らは安さよりも、耐久性などの質を重視するため、需要と供給のバランスは取れていたわけです。


中華製スパイグッズによる価格破壊

一方、2000年代に入ってネット通販が普及してくると、スパイグッズに対する一般ユーザーの需要も高まってきました。そこで2010年頃から、中華製スパイグッズが入ってくるようになり、価格破壊が起きたのです。

Amazonなどでは、腕時計型の擬装カメラが5千円程度から多数見つかります。また、これら中国製品に日本語の取扱説明書を付けてブランド化し、1万円前後で販売する日本の専門ショップも出てきています。

スパイグッズは、本格的な機能や耐久性を求めるなら昔ながらの国産メーカー品、個人で使うなら安価な中華製モデル…と、現在は選択肢が広がっています。会社でのパワハラや、学校でのイジメの証拠を押さえるといった自己防衛のために、安価な中華製スパイグッズの活用は有効でしょう。

あわせて読みたい

ラジオライフ.comの記事をもっと見る 2019年9月11日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。