ブルーレイ・DVDコピーの合法・違法の境界線とは

2012年の著作権法改正以来、ややダークなイメージが定着してしまったブルーレイやDVDのコピー。しかし、すべてのコピーが禁止されているわけではありません。ブルーレイ・DVDコピーの合法・違法の境界線を見極めて、大切な映像データを安全にバックアップしましょう。

ブルーレイ・DVDコピーの合法・違法の境界線とは


DVDのコピーガードを解除すると違法

現在、法律で規制されているのはブルーレイ・DVDにかけられたコピーガードを解除してコピーする行為と、コピーガードを解除できるツールの配布です。

従って、コピーガードのかかっていないブルーレイ・DVDをコピーすることは合法。コピーガードの解除機能が無いリッピングツールを配布することも問題ありません。「コピーガードの解除」という部分が、重要なのです。

より詳しく見ていくと、著作権法で制限されているのは「コピーガード解除による複製」と「コピーガード解除ツールの配布」の2つの行為になります。

「コピーガードの解除」をしなければコピーは合法。コピーガードが施されていない自作ブルーレイやDVDはコピーしても問題ありません。一方、コピーガードがかかったブルーレイ・DVDをコピーするのは違法となるわけです。


DVDに施されているコピー防止技術

コピーガードが施されている主な映像コンテンツの例として、市販やレンタルのブルーレイ・DVDにはコピーガードがかかっています。また、レコーダーで録画したテレビ番組にも、コピーガードがかかっているのです。


あわせて読みたい

ラジオライフ.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月10日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。