Android搭載「モバイルプロジェクター」に感動

最近のモバイルプロジェクターはビジネスシーンのみならず、家庭用としても活用されるようになっています。そんな中、性能面で圧倒的な存在感を示しているのが、モバイルバッテリーで有名なAnker製品。Android搭載の高画質モバイルプロジェクターの使い勝手を見ていきましょう。

Android搭載「モバイルプロジェクター」に感動


モバイルプロジェクターの画質は衝撃

Ankerのモバイルプロジェクター「Nebula CapsuleⅡ」は、2018年に発売されたモデルからさらに進化。OSはAndroid7.1からAndroid TV 9.0になり、リモコン操作などが最適化。解像度は854×480ドットから1280×720ドットとHD画質化し、輝度は100ANSIルーメンから200ANSIルーメンと倍になりました。

実際に壁に映してみると、フツーに大画面テレビを見ている印象です。仕事で使っているプロジェクターと異なり、クッキリ見える画質は衝撃を受けるレベル。天井に映して、寝落ちするギリギリまで動画を楽しむことも可能でしょう。実際、付属の緩衝箱にはめると、本体を寝かせても安定して投影できます。

Googleアカウントを用意しておけば、初期設定は簡単。Androidスマホユーザーならよりスムーズです。日本語に対応しているので、指示に従って入力していけばOK。付属リモコンの反応も軽快です。また、オートフォーカスも優秀。1秒以内にピントがバッチリ合うことには感動しました。


あわせて読みたい

ラジオライフ.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月17日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。