NHK受信料の支払いを後回しにできる仕組みとは

新型コロナウイスルによる自粛要請で仕事や収入が減り、毎月の支払いに困っている人は少なくありません。さまざまな支払いのうち、電気・ガス・水道などの公共料金は、支払いを一時猶予してもらう特別措置があります。そして、NHK受信料も公共料金同様、支払いを待ってもらうことができるのです。

NHK受信料の支払いを後回しにできる仕組みとは


NHK受信料の延滞利息が発生しない

NHKは、新型コロナウイルス感染による緊急事態宣言が出されたことを受け、2020年5月8日に受信契約の規約を改定しました。

新規約には付則として「令和2年4月から令和3年3月までの間の放送受信料については、支払いを延滞した場合であっても、同条に定める延滞利息は発生しない」という一文が追加されています。

つまり、2020年4月~2021年3月分の受信料は、いずれ支払う必要はあるものの、当面は支払わなくても問題ないといえます。電気・ガス・水道といった公共料金については、こうした支払い猶予があることが広く紹介されていますが、NHK受信料についても同様の措置がとられているのです。

NHK受信料を口座振替やクレジットカード決済で支払っている場合、そのままにしておくとこれまで通り振替やカードの請求が行われてしまいます。そこで、NHK受信料の支払いを先延ばしするためには、支払い方法を「継続振込」へ変更する必要があるのです。


NHK受信料支払いを継続振込に変更

継続振込とはあまり聞き慣れない言葉ですが、これはNHK用語。銀行・コンビニ等でNHKが発行する払込用紙を使って支払うことです。口座振替・クレジットカード決済から、継続振込への変更手続きはWebサイトから行えます。

NHK受信料を継続振込で支払う場合、2ヶ月払い・6ヶ月前払い・12ヶ月前払いの3種類を選ぶことが可能。6ヶ月前払い・12ヶ月前払いについては割引があり、それぞれの割引率は6ヶ月前払いが5%、12ヶ月前払いが7.61%です。

NHKのWebサイトによれば、届いた払込用紙には支払期限が書かれているものの、期限後でも支払いへ利用可能。現在、NHK以外にもさまざまな支払いが苦しい人は、まずはNHK受信料の支払い方法を継続払込へ変更し、落ち着いてきた段階で後から支払うとよいでしょう。

あわせて読みたい

ラジオライフ.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月21日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。