イオンSuicaカードは「Suica」使うほど損をする

Suicaを内蔵したクレジットカードはいくつかありますが、そのひとつがイオングループで使うとお得な「イオンSuicaカード」です。イオンSuicaカードは、年会費無料で1枚でクレジットカードとSuicaの両方が使えて便利ですが、実はSuicaとして使う場合はあまりお得にならない仕組みになっているのでした。

イオンSuicaカードは「Suica」使うほど損をする


イオンSuicaカードでJRE POINT登録

イオンカードはさまざまなカードを発行していますが、そのひとつがSuicaを内蔵した「イオンSuicaカード」です。年会費は無料で、イオングループ利用でのポイント2倍など、他のイオンカード同様の特典が付くほか、Suicaのオートチャージにも対応しています。

また、イオンSuicaカードはJR東日本のポイントプログラム「JRE POINT」へ登録することも可能。登録後はJR東日本路線への乗車でJRE POINTが貯まり、他のカード式Suica同様に、0.5%のポイント還元が受けられます。

1枚のカードでクレジットカード・Suicaの両方として使える点で、イオンSuicaカードは便利です。とはいえ、ビューカードが発行するSuica内蔵カードと比べると、JR東日本利用分についてはお得度が下がってしまうのです。


イオンSuicaカードのチャージ還元率

ビューカード発行のSuica内蔵カードでは、オートチャージなどクレジット決済でSuicaへチャージした際、1000円につき15ポイントのJRE POINTが貯まり、還元率は1.5%。一方、イオンSuicaカードでSuicaチャージ時に貯まる「ときめきポイント」は400円=1ポイントで、還元率は0.25%と低くなるのです。


あわせて読みたい

ラジオライフ.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「イオンSuicaカードは「Suica」使うほど損をする」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    使うほど損をする?イオングループでの買い物1%、感謝デー5%OFF,国内旅行障害保険、イオンカード優待も加味した結果でしょうか?

    2
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「PASMO」のニュース

次に読みたい関連記事「PASMO」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月1日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。