ブルーインパルス編隊飛行のパイロットの周波数

ブルーインパルス編隊飛行のパイロットの周波数
拡大する(全1枚)

2020年5月に、コロナ対応に追われる医療従事者へ感謝を込めて、東京都内の上空を編隊飛行した航空自衛隊の「ブルーインパルス」。2020年度の航空祭はすべて中止となったため、貴重なフライトになりました。この時のパイロットとの交信に使われた周波数は「東京TCA」の256.100MHz。このTCA(ティーシーエー)は、空港のターミナルコントロールエリアを管制しているエアーバンドです。

ブルーインパルス編隊飛行のパイロットの周波数の画像はこちら >>


TCAは大空港に設置される管制エリア

進入管制席(APP)や出域管制席(DEP)といった、ターミナルレーダー管制が実施される空港周辺の進入管制区に、有視界飛行方式(VFR:人間の目で確認しながら飛行する)で飛行する小型機やヘリコプターが入ってくることがあります。

この場合も、管制席とコンタクトするのがルールです。計器飛行方式(IFR:目視と計器を元に飛行する方式)で飛行する旅客機などの動向を無線で知らせたり、待機や針路変更などの指示を出すためです。

しかし、混雑する大空港では、VFR機への指示が遅れる可能性があります。そのため、進入管制区の中にVFR機への対応を行う、「ターミナルコントロールエリア(TCA)」を設定し、ここでは専用の周波数が使われます。コールサインは「空港名+TCA」です。


TCAにはブルーインパルスもコンタクト

VFR機がターミナルコントロールエリアを飛行する場合、パイロットはTCAを呼び出してレーダーモニターをリクエストします。VFR機は、スコーク(squawk)と呼ばれる4ケタの数字を「1200」に設定していますが、レーダーモニターを受けるためには個別の数字を設定します。


当時の記事を読む

ラジオライフ.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク