イラネッチケー裁判はなぜ高裁でNHKが逆転勝利?

イラネッチケー裁判はなぜ高裁でNHKが逆転勝利?
拡大する(全1枚)

NHKへ受信料を支払いたくない人にとって、NHKの電波だけをカットする装置「イラネッチケー」は「希望の星」ともいえます。というのも、取り付け方次第でNHK受信料を支払わなくて済むという裁判の判決が出ていたためです。ところが、NHKが控訴した裁判ではNHK側が逆転勝利に…。いったい判断の違いはどんな理由だったのでしょうか。

イラネッチケー裁判はなぜ高裁でNHKが逆転勝利?の画像はこちら >>


NHKは解約を裁判で徹底的に争ってきた

「イラネッチケー」は筑波大学准教授が開発した、NHKのテレビ放送が使用する電波だけをカットするフィルターです。これをテレビとアンテナを結ぶ間のどこかに設置すれば、テレビをNHKのチャンネルに合わせても、テレビへ放送電波が届かず受信できなくなる仕組みです。

しかし、NHK側としてはイラネッチケーを取り付ければNHK受信契約や受信料が不要ということを認めてしまうと、NHK受信契約の解約者が相次いで困ることになります。このため、イラネッチケー設置を理由に解約を迫る人や「そもそもNHKが映らないから受信契約不要」と申し立てる人に対し、NHKは裁判で徹底的に争ってきました。

まず争われたのが、アンテナから室内に引き込まれた同軸ケーブルとテレビの接続端子間にイラネッチケーを取り付けたパターンでした。これについては、NHK側の「容易にイラネッチケーを取り外せるのでNHKテレビ放送を受信できる装置がある」という主張が通り、視聴者側の敗訴となりました。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ラジオライフ.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク