ブルーインパルスのスモーク浴ができる場所とは

ブルーインパルスのスモーク浴ができる場所とは
拡大する(全1枚)

日本で一番有名な航空自衛隊基地といわれるのが松島基地です。東日本大震災の被災から復活したことはもちろん、第4航空団飛行群・第11飛行隊、通称「ブルーインパルス」のベースとして、さまざまなメディアに登場しています。過去にはアラート部隊が所属したこともありますが、基本的には戦後から訓練部隊の基地として成長してきました。

ブルーインパルスのスモーク浴ができる場所とはの画像はこちら >>


ブルーインパルスの訓練は公式サイト

松島基地には現在、F-2戦闘機のパイロットを養成する航空教育集団第4航空団・第21飛行隊が所属しており、F-2Bによる訓練飛行が日々行われています。

一方、ブルーインパルスの基地上空訓練は、基地公式Webサイトで公表されており(毎週金曜夕方に翌週分を発表)、これを参考に多くのファンが基地周辺に詰めかけます。

基地周辺にはいくつもの撮影ポイントがあるのですが、中でも人気なのはブルーハンガー横の防潮堤。ハンガー前のエプロンに整列した機体やパイロットの様子が見られ、また基地上空訓練のショーセンター(展示飛行の基準点)となることが多いため、訓練飛行が見やすいというのもメリットです。


ブルーインパルスの貴重なスモーク浴

ここから歩いて行ける滑走路端の休耕田付近は、滑走路07運用時に5番機の離陸で、「ローアングルキューバン」が行われた時には、ブルーインパルスのスモーク浴ができる貴重な(?)ポイントになります。西側にあるタワー下ポイントは、タキシングの様子を間近で見られるので人気です。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ラジオライフ.comの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク