クラウドファンディングに横行する高額転売の闇
拡大する(全1枚)

個人や中小企業が製品の開発支援を集めることができる「クラウドファンディング」。まだ誰も見たことがない斬新なアイデアを形にしたものや、最新技術を詰め込んだアイテムが多く集まることから、先物買いする人が増えています。とはいえ、「こんなアイテム見たことない!」と、よく調べずに購入するのはちょっと危険なのでした。

クラウドファンディングに横行する高額転売の闇の画像はこちら >>


クラウドファンディングで商品を転売

ここ最近、クラウドファンディングに中華通販サイトのAlibabaなどで販売されている商品が多数流用されているのです。アウトドア用品だったりスマホ用ガジェットだったりと種類はさまざまですが、開発中の画像などがない商品は中華通販からの転売の可能性が高いでしょう。

それらしい製品がチョイスされている上、目標金額も出資額も安いので、達成率100%超えのケースも多い状況です。

出資に対する見返り品は確かに届くので、中華サイトの存在を知らなければ問題ないように見えますが、実態は中華通販サイトで販売されている超安価な製品。10倍以上の高値で売られていることもあり、中華製品の高額転売と言い換えることもできます。


クラウドファンディング転売確認方法

実際、某クラウドファンディングで、カメラを内蔵したメガネが目標金額10万円のところ、480万円以上の支援を集めていました。達成率はなんと4847%です。クラウドファンディングなら25%オフの10,350円で購入できるといいます。

ところが、Alibabaをチェックしてみると、全く同じ製品画像を掲載したページを発見。しかも激安です。普通のメガネを買うより安い価格…。パッケージも全く同じなので、これは高額転売で間違いなさそうです。