誰もが持ち歩くスマホは、机の上に置いてあっても不審に思われにくく、情報収集に最適なツールとなります。アプリを入れれば、盗聴器・発信機・監視カメラに変身。スマホを最強のスパイツールになってしまう危険性を見ていきましょう。iPhoneが盗聴器になる危険性のある標準機能があるのです。

iPhoneが盗聴器になる危険性のある標準機能とはの画像はこちら >>


iPhoneが盗聴器になる危険のある設定

iPhoneには、スマホが盗聴器になる危険性のある標準機能が搭載されています。それがiPhoneの「通話オーディオルーティング」という機能です。

iPhoneが盗聴器になる危険のある設定は、iPhoneの「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」から「通話オーディオルーティング」を選択します。

ここで「自動で電話に出る」をオンにするのです。オンにすると自動で応答するまでの間隔を指定できるので「0.00秒」としておきます。これで着信音が鳴らずにiPhoneが電話に応答するはずです。


iPhoneの通話オーディオルーティング

このiPhoneに電話をかけると、自動応答してくれるというわけ。iPhoneが「周囲の音を拾える=盗聴器」として使えてしまうというわけです。

iPhoneの通話オーディオルーティングの機能は使い方によっては、赤ちゃんやペットの見守りなどに活用可能。Facetimeを利用すれば、映像も確認できます。

さらに通話オーディオルーティングの設定で「スピーカー」にセットしておけば、話し声をスピーカーから発することも可能。赤ちゃんやペットに声がけすることも可能です。