商品の販売だけでなく、公共料金の支払いや宅配便の取り扱いなどで多機能化してきたコンビニ業界。近年では、他業種との多彩なコラボによって、異色の店舗が続々出現しています。ローソンの実験店舗である新宿若松町店では棚2列を無印良品が占領しているのです。ローソンで買える無印良品の品々を見ていきましょう。

ローソンの棚2列を無印良品が占領している店舗の画像はこちら >>


ローソン店舗で無印良品を実験販売

2019年、ファミマから無印良品のコーナーが消えた際には惜しむ声が多く聞かれました。もう昔のように気軽には買えないのか?と思いきや、2020年にローソンの一部店舗で無印良品の実験販売が始まり、現在では埼玉・東京・千葉の100店舗で展開されています。

実験店舗である新宿若松町店では、入ってすぐの棚2列を無印良品が占領している状態。文具、カトラリー、オーガニックのインナー、人気のレトルトカレーなど、約500品目を扱っています。

衣類はサイズや色展開も豊富にラインアップ。消耗しやすい肌着や靴下を、無印ショップ以外でいつでも新調できるのはありがたいところ。急な外泊にも使えるでしょう。


ローソンで無印良品レトルトカレー

ローソンで買える無印良品グッズの1つが「歯みがきシート(290円)」です。水の無い環境でも使えるシートタイプの歯磨きは、食事後や人と会う前にサッと口内をケアできるうれしい一品。災害時も重宝しそうです。

無印良品の定番レトルトといえばカレー。「プーパッポン(450円)」は蟹と卵が入ったタイのココナッツカレーで、作るには難易度の高そうな異国の料理もレトルトなら温めるだけです。これがローソンで買えるのです。

「不揃いほうじ茶バウム(150円)」は、おやつとして人気の「不揃いの焼き菓子シリーズ」のバウム。封を開けるとほうじ茶の香りがフワッと香ります。手にずっしりくる重さで満足感も高い商品。これで150円は安いでしょう。(文/馬塲言葉)