ここ数年、全国で目撃情報が急増しているのが「移動式オービス」です。三脚に載った「可搬式」、下に台座のある「半可搬式」があり、各県で導入が進んでいます。これらの移動式オービスは数時間で撤去されるため、その取り締まりはまさに神出鬼没。移動式オービスを事前に察知する方法を見ていきましょう。

全国で導入が進む移動式オービスを察知する方法の画像はこちら >>


移動式オービス対応のレーダー探知機

電波を使って車速を測定する「レーダー式オービス」「Hシステム」、地面に埋められたループコイルで計測する「ループコイル式オービス」「LHシステム」。この4種が自動速度取締り装置、いわゆるオービスの従来までの定番でした。

これまでのオービスは計測方法やメーカーに違いはあれど、ネズミ捕りと違って固定式であることが最大の特徴。そのため、電波を発しないループコイル式も位置情報が登録されていれば、GPSレーダー探知機での事前察知が可能でした。

しかし、ここ数年、増えている移動式オービスは24GHz帯の電波を使うセンシス製、レーザーを使う東京航空計器製の2タイプ。どちらも従来までのGPSレーダー探知機では対応できません。

そんな中、2019年春から移動式オービスのレーザーに対応するレーダー探知機が、各メーカーから登場。これらを使えば、レーザー式もセンシスの24GHz帯のレーダーも検知できます。お金に余裕があればレーザー対応のレーダー探知機を入手すれば移動式オービスの対策は可能です。


移動式オービスの警告看板をチェック