Wi-Fi環境の普及と低価格化で、1家に1台が当たり前になっているのが「ネットワークカメラ」です。大半のモデルが動く物体を捕らえるモーションセンサーを搭載しており、自宅に侵入しようとする不審者や、自由に動き回る子どもやペットの常時監視に役立ちます。スマホで手軽に映像を確認できるのも、人気の要因でしょう。

AI防犯カメラが5千円以下!その実力を検証したの画像はこちら >>


AI防犯カメラは成長しているジャンル

この家庭用ネットワークカメラ市場に新たな流れがあります。それは「AI機能」の搭載です。多くの人物やペット画像を学習したAIの働きにより、単に動く物だけでなく、人物・ペットのみを高精度に捕らえることが可能になります。

このAI防犯カメラはムダな録画が減り、バッテリーの消費もより抑えられるのです。そんなAI機能付きの防犯カメラは、業務用のハイエンドモデルで10万円以上はするのが常識でした。

しかし、2021年ごろからAI防犯カメラに家庭用モデルが増え始め、今では5千円以下の格安品もラインアップするまでに成長しているジャンルです。実際に「ATOM Cam Swing」でAI防犯カメラの実力を試してみました。


AI防犯カメラは完全な暗所でも運用OK

スマホに専用アプリをダウンロードし、Wi-Fiとカメラをつなげば即座に運用可能。人・犬・猫をAIで判別し、動きの有無にかかわらず自動追尾します。解像度は1080pの高画質と頼もしい仕様です。

実際にAI防犯カメラをセットしてみました。人物が近づくと、緑の四角でロックオンします。人物とペット(ぬいぐるみ)だけを認識して素早く反応。録画がスタートしてスマホにアラートが表示されました。

赤外線LEDを装備しており、完全な暗所でも運用OK。首振りも360度回転で死角はありません。このAI防犯カメラが実勢価格4,280円で購入できるとは驚きです。