【インタビュー】田中俊介×本田剛文(BOYS AND MEN)「真面目に不真面目、バカなことを一生懸命、全力投球」ボイメンイズム全開で“天下奪取”!

【インタビュー】田中俊介×本田剛文(BOYS AND MEN)「真面目に不真面目、バカなことを一生懸命、全力投球」ボイメンイズム全開で“天下奪取”!
【インタビュー】田中俊介×本田剛文(BOYS AND MEN)「真面目に不真面目、バカなことを一生懸命、全力投球」ボイメンイズム全開で“天下奪取”!

来年1月に念願の愛知・ナゴヤドーム公演を控えたBOYS AND MEN。個々での活躍も目覚ましい彼らが、ドームの温度を爆上げしてくれるであろうシングル「炎・天下奪取」をリリースする。今回は、メンバーの田中俊介と本田剛文に、楽曲制作の裏話から「これを見ればボイメンがわかる!」とのお墨付きのMUSIC VIDEOの見どころまでを語ってもらった。さらには、メンバーへの愛あるダメ出し!?まで、激アツ&コミカルなクロストークをお届けします!

【BOYS AND MENサイン入りチェキ プレゼント企画開催】
9月10日~9月13日に掲載されるランキング&インタビュー記事下に3個のキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、13日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!

■夢に向かって全力で突き進む仲間を増やしたい!!

――新曲「炎・天下奪取」は、歌入れの際にどのようなディレクションがありましたか?
本田 僕は、あまりキレイにまとめようとしないでと言われましたね。音程を意識してきちんと歌うよりは、多少、アラが出たとしても、アツく歌ってほしいと。
田中 僕はレコーディングが一番最後だったと思うのですが、最初は、みんなの声が合わさったところに自分の声を丁寧にハメていこうとしていたんです。でも、そうじゃないと。もっと、自分の色を出してやっていいよと言われました。自分のパート、例えば、サビ前の<限界の次を 絞り出せ!>のところとか、最終的には個性的な声色になったと思います。結果、メンバーの個性も出ているし、それが合わさって、いい感じに暑苦しくなったなと。

――確かに、<空にガン飛ばせ>とか、勢いマックスなボイメンにぴったりな感じです。問答無用で動けというメッセージが込められていますが、これはボイメン全員に当てはまることなんでしょうか。
本田 それぞれに性格は違いますし、これまでの人生を振り返れば、必ずしもこういう精神で歩んできたかはわからない。ただ、ボイメンに出会ってから、ボイメンでの自分という部分では、共通していると思います。
田中 僕らは、自分たちの姿勢や想いに共鳴、共感したり、自分もそうでありたいと思ってくれた人の背中を押したいし、そんな仲間を増やしたいんですよね。僕らも、ボイメンに出会って変われたから。夢ばかり大きくて、そんなの絶対に無理だろっていう状況下でやってきたこともあり、その希望や勇気、生き様的なものは、楽曲を通して伝えていけたらいいなと思っています。

■衝撃のMUSIC VIDEOはコマ送りするファンが続出!?

――本当にアツい曲だったのでMUSIC VIDEOも、まさか銭湯でさらけ出してくるとは思いもしませんでした(笑)。
本田 最初に聞いたときは、“この曲は果たして、銭湯で正解なのか!?”と若干思ったりしたのですが(笑)、やってみたら、すごくいい仕上がりになりましたね。僕らの原点である、真面目に不真面目、バカなことを一生懸命、全力投球でやるっていう部分で、一番“らしさ”が出ているのかなと。
田中 この時期に、ボイメンってどんなグループなんだろう!?って興味を持ってくれた方たちに、ああいう姿を見せられたのは良かったよね。そして僕が何より嬉しかったのは、キラー・カーンさんのモンゴリアンチョップを受けられたことです(笑)。
本田 そう、ちゃんと痛かった!(笑)。
田中 バカ痛かったけど、感動しました。
本田 映像では、見えてはいけないものが見えているんじゃないかと、コマ送りするファンの方もいるかもしれないですね(笑)。見せてはなるものかという制作サイドと、探してやるぞというファンのみなさんとの“ほこ×たて”のせめぎ合いが起こるのかと思うと、それはそれで楽しみです。どっちの検閲が強いのかな?(笑)。

――そんなせめぎ合いの中、ここはぜひチェックして!というポイントは?
本田 自分は出ていないところなのですが、桶で股間を隠しながら5人くらいで踊っているシーンですね。パフォーマンスと同じでラッキー池田さんに振り付けてもらっているのですが、あそこは本当に見事。自分も参加したかったです。あのスレスレのダンスをステージ上でやれたら、伝説になるんじゃないかな。まぁ、確実に事故が起こるだろうけど(笑)。
田中 僕が推したい見どころは、メンバーのキャラ、個性ですね。例えば、田村(侑久)が女風呂を覗いて、風呂桶カーン!みたいな。キレイな女性のポスターに群がるボイメンのシーンも、ひとりひとりがお芝居しているんです。ニコニコしているだけじゃない、いろんな表情を出してきているので、全体を楽しんだ後は、そういう細部を観てもらえたら嬉しい。まだボイメンをよく知らない人は、あそこに映っているままのキャラだと思ってもらって間違いない(笑)。

――ちなみに、今、活を入れたいメンバーは?
田中 毎回、同じになっちゃうんだよな~(笑)。
本田 ツッチー(土田拓海)ですか?(笑)。
田中 勇翔くんです。本当に起きないんですよ…(ため息)。反省が続かないところに活を入れたい。でも、その都度、活を入れていると、多分、勇翔くんが持たない(笑)。
本田 僕は、タムタム(田村侑久)ですね。最近、ちょっとお太りになっているなと。学ランのプロフィール写真を撮っていたときに僕、横で見ていたら、カッコいい写真がほぼなくて。何がいけないのか考えたら、首と顎が直結していたんです。それなのに、ポテチとかを小脇に抱えてデブ食いしているんですよ!多少、太っても別にいいんですが、仕事に支障をきたさない程度にして欲しいですね(笑)。

文/根岸聖子

あわせて読みたい

ランキングBOXの記事をもっと見る 2018年9月12日の音楽記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら