【収録レポ】『超特急のハガメン!mini』最新版の収録現場に潜入!メンバーのメンタル解消法とは?

【収録レポ】『超特急のハガメン!mini』最新版の収録現場に潜入!メンバーのメンタル解消法とは?
【収録レポ】『超特急のハガメン!mini』最新版の収録現場に潜入!メンバーのメンタル解消法とは?

これまでTBSテレビで放送&TBSオンデマンドで配信され、メンバーの奮闘ぶりで大好評を博してきた『超特急の鋼メンタル』シリーズの最新作が、待望の地上波オンエア決定!12月10日より『超特急のハガメン!mini6』として、毎週月・火・水曜日の深夜にTBSテレビ『カイモノラボ』内のミニコーナーで放送される。おまけに、地上波では泣く泣くカットされてしまったシーンを大量に盛り込んだ完全版も、テレビ放送後に動画配信サービス・Paraviで独占配信されるというのだから見逃せない。ユースケ曰く「前回よりさらにパワーアップした内容になって帰ってきた」という新作の撮影現場に、ランキングBOX編集部が潜入。和気藹々とした収録の模様を、終了後のメンバーコメントと併せてお届けする。

「“ちょい”メンタルをやられるミッションで“ちょい”ハガネのココロを手に入れる“ちょい”オトコ磨きバラエティ」を合言葉に、2017年の秋冬にオンエアされた『超特急のハガメン!mini』。その新作が制作されると聞いて、リーダーのリョウガは「マジかよ!と膝から崩れ落ちました」と打ち明けた。しかし、カイが「和気藹々と楽しい空気感で出来たのが良かったです。メンバーで何かを成し遂げる機会ってなかなかないから」と続けたように、一歩スタジオに足を踏み入れれば少年のようにイキイキとミッションに挑む6人の姿が!その内容も、顔にボールを挟んだまま缶を積み上げる“ハガメン”恒例ミッションから、足つぼマット上でペアになっての障害物競走、6人が手と足を繋いでフラフープを移動させる全員ミッションなど、メンバー内の絆を試されるものが多数含まれている。また、振り付けをしながら納豆をかき混ぜて糸の伸びを競うミッション、全員が猫になって互いの体についている鈴を取り合う競技など、オンエアが待ちきれないほど斬新なものも。ユーキも「いくつか流行りそうなミッションもある」と話してくれたので、期待して損はない。ミッションの合間に挟まれるトークも楽しく、ユースケも「8号車さんが見たら嬉しい僕たちの姿もいっぱいある」と断言してくれた。

また、ミッション中は我を忘れて必死になる分、メンバーそれぞれの性格が垣間見えるのも注目ポイント。例えば、降ってくるティッシュを吹き戻し笛でキャッチするミッションでは、カイが床に落ちたティッシュを回収しまくって面倒見の良さを発揮する一方、コツを掴んだユーキは「楽しい!」と目を輝かせたり。ちなみに、こちらのミッションは地上波では放送されないParaviのみで年明けに限定配信。そのほか、クジで引いたメンバーを抱っこして地面に落とすまでのタイムを競うミッションもParavi限定なので、新年になったらチェックをお忘れなく。

さらに、各メンバーが公式ブログにお題を投稿し、コメント欄を通じてファンである8号車の知恵を借りながら謎を解く“ハガメン”恒例の目玉企画も敢行。毎回8号車の閃きに助けられてきた彼らだが、今回はあまりの難問に「なんだコレは?」「全然わかんない」とお手上げ状態で、「これ8号車がずっとわかんなかったら……」と恐怖に陥る場面も。結果は放送を観てのお楽しみだが、それまで6人がブログにアップした個性溢れる“助けて!”文を探して、難問にチャレンジしてみてはいかがだろうか。

長時間の撮影ながら、終了後には「1年ぶりに“ハガメン”をやることができて、すごく嬉しかったです。僕たちが素で楽しんでいる姿を8号車のみなさんに届けられたら」とタクヤも満足げ。タカシも「僕自身、視聴者として“おもしろいな”と思いながら観ていた番組なので、また新たな超特急が見られると思う。自分も放送を楽しみにワクワクしていたい」と笑顔を見せてくれた。

また、メンタルを鍛えることが目的の企画ということで、収録後の囲み取材では「メンタルがやられたときに、どうやって解消するか?」という質問も。それに対する回答にもメンバーのキャラクターが表れて、「あまり欲がないのでそこまで深く考えることがない」というリョウガは「忘れること。忘却!」とキッパリ。カイも「嫌なことがあっても“死なねえからいいや~”ってどうでもよくなります」とポジティブシンキングを発動する。対して、ユーキは「アイスクリームを食べると幸せ」、ユースケは「プレーンピザで忘れる」と、好きな食べ物が解消法のよう。具体的な方法を挙げてくれたのが残りのふたりで、タクヤは「長風呂ですね。いろんなことを考えられて、唯一自分を自分で見つめられる場所なので」と真剣に回答。最後にタカシが「枕に向かって思いっきり大声!」と答えたときには、メンバーも「やってそう!」と納得して、「滅茶苦茶スッキリします。一発ガチで叫ぶと治ります」と続けた彼に、リョウガは「その枕、呪いの道具になりそう……」と呟いていた(笑)。

「肉体的にも精神的にも鍛えられるし、なんだかんだ言ってメンバー内で自由に楽しくできる番組なんじゃないかな。今までは9割ほどカットされていた部分がParaviで配信されるのも嬉しいです」とリョウガが評した、今回の『超特急のハガメン!mini6』。ユーキも「ガチ感があって、バラエティよりドキュメンタリーに近い。最後に僕たちがすごい衝撃を受けます!」と意味深な予告をしてくれたので、8号車は必見だ。また、新作のオンエアに先駆け、昨年放送されていた『超特急のハガメン!mini』の完全版も11月19日よりParaviで独占配信中。放送開始まで3週間、まずはこちらで予習&復習した上で『超特急のハガメン!mini6』を観れば、彼らの“オトコ磨き”の成果をより深く確認することができるはずだ。

写真/白石文丈 文/清水素子

【番組情報】
『超特急のハガメン!mini6』(TBS
12月10日(月)~ 毎週月・火・水曜日 深夜3:00~4:00台
※ 変更になる場合がございます。
※ 放送後、Paraviにて完全版を改心予定。

あわせて読みたい

ランキングBOXの記事をもっと見る 2018年11月19日の芸能総合記事

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。