back number“ごじくじ”主題歌が4週連続1位!胸キュンフレーズ満載の歌詞に注目!!<歌ネット週間ランキング>

back number“ごじくじ”主題歌が4週連続1位!胸キュンフレーズ満載の歌詞に注目!!<歌ネット週間ランキング>
back number“ごじくじ”主題歌が4週連続1位!胸キュンフレーズ満載の歌詞に注目!!<歌ネット週間ランキング>

back numberの新曲「クリスマスソング」が、10月18日の初登場以来4週連続1位という結果をたたき出した今週のランキング。発売日は11月18日とまだ先ながら、主題歌である月9ドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)も好調とあって、人気に拍車がかかっているよう。

<君が喜ぶプレゼントってなんだろう 僕だけがあげられるものってなんだろう>と相手のことを想い続ける純粋な気持ちが描かれる本作は、好きな人からこんな風に思われたい!という乙女心を刺激する。さらに<できれば横にいて欲しくて><どこにも行って欲しくなくて><僕の事だけをずっと考えていて欲しい><聞こえるまで何度だって言うよ 君が好きだ>といった、胸キュンフレーズも満載。ドラマでは石原さとみ演じる桜庭潤子がクリスマスを誰とどう過ごすのか、という内容に少しずつ差し掛かっており、本作「クリスマスソング」の内容ともリンク。また山下智久演じる星川高嶺はクールで、感情が高ぶって気持ちをぶつけるようなことはあまりしない人物像なのだが、そんな高嶺の気持ちを代弁しているような歌詞世界も魅力だ。<あの時君に 出会って ただそれだけで 自分も知らなかった自分が次から次に>など、高嶺を想像しながら歌詞を堪能するのもおもしろい。

以降は2位の西野カナ「トリセツ」や、3位のmiwa「夜空。feat.ハジ→」、4位のサカナクション「新宝島」といった上位常連組が続き、5位にはゲスの極み乙女。の「オトナチック」がランクイン。10月18日の初登場22位から右肩上がりにランクアップしている。本作は、NTTドコモ dヒッツpowered by レコチョクの新CM『はじまりの歌』篇のCMソングとしてオンエア中。窪田正孝演じる先輩社員が、新入社員の聴く「オトナチック」について「お、ゲス乙女。俺も好きなんだよ」と打ち明ける内容で、本作が印象的に使われている。ゲス乙女の歌詞は抽象的なものが多く含みをもたせた世界観が特徴だが、本作ではストレートにメッセージを伝えているのがポイント。<大人じゃないからさ 無理をしてまで笑えなくてさ>や<オトナチックって言われちゃうよりは無理にだって叫びたい>といった、いわゆる「大人になる」ということに対する反発。<大人になってまで 言葉飲み込むなんてやめとけよ 悔しく思ったなら 背負い続けてみろよ>という普遍的かつ挑戦的な歌詞は、すべての大人たち、またこれから大人に向かっていく若者たちに突き刺さるメッセージではないだろうか。

また、6位の「だいすき。」、9位の「大切な君へ」と、井上苑子の楽曲が2曲同時ランクインしているのも特徴。<だいすきだよ ちゅってしてよ>(「だいすき。」より)や、<この先も こうして 隣がいい なんて考えてるよ 君はどうなのよ>(「大切な君へ」より)といった、現在17歳の井上ならではの瑞々しい言葉選びが堪能できる。大切な人との日常をキラキラと輝いて見せる井上の歌詞世界に、存分に浸れる2曲だといえよう。

文/木村桂子

あわせて読みたい

ランキングBOXの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年11月10日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。