DAMIJAWが5年間の活動を締めくくる感謝を届けたラストライヴ開催!

DAMIJAWが5年間の活動を締めくくる感謝を届けたラストライヴ開催!
DAMIJAWが5年間の活動を締めくくる感謝を届けたラストライヴ開催!

Janne Da Arcのベーシスト・ka-yuのソロプロジェクトDAMIJAWが、自身の誕生日でもある21日に、東京・TSUTAYA O-EASTで『WELCOME TO DAMILAND』を開催した。

ka-yuは、昨年11月に完結した自身3度目の47都道府県ツアー『“Be with You!!!!!”3』でDAMIJAWとしての活動を止めることを発表しており、現段階では最後の公演となったこの日は超満員のファンで埋め尽くされた。「ようこそ、暗黒のテーマパークへ」というサブタイトルもついていた、いつものライブとは違ったコンセプトをもったこのライヴ。まるでDAMIJAWの代表曲「ダーミー城の吸血悪魔」シリーズの世界に入り込んだような演出がところどころになされていた。

定刻から少し過ぎた頃、ゆっくりと客電が落とされると、「ダーミー城の吸血悪魔」を彷彿とさせる映像が流れ、スモークが焚かれる中、ka-yuが正装に赤ネクタイ、その上にマント姿で登場すると、客席からは割れんばかりの歓声が上がる。

1曲目を飾ったのはミディアムナンバー「BIRTHDAY~ダミ嬢の憂鬱~」。今回のライヴのコンセプトにも合致したこの楽曲では、赤い光に照らされたファンとka-yuが妖しく溶け合うようだった。「渋谷!ここから飛ばしていくぞ!」の言葉のあとに続いて、「ダーミー城の吸血悪魔が愛したマリア(泣)」。ここから会場のボルテージは一気に上がる。

「今日はここ渋谷、"WELCOME TO DAMILAND"へようこそ!」と挨拶するとそのままの勢いで「wrath」へ。そしてその激しさを残したまま、DAMIJAWのライヴ名物にもなった「ダーミー城の吸血悪魔 (笑)」を畳み掛ける。毎回かなりの数のオーディエンスがステージに上がり、一緒に頭を振る姿がすさまじい光景を作り上げているこの曲。この“WELCOME TO DAMILAND”では、史上最多人数ともいえるオーディエンスがステージに上がった。

この日も「そこのお前!(ステージに)上がって来い!」とka-yuが指名を続けていたのだが、ファン思いの彼は最終的に「上がれるところまで乗せるから、上がりたいヤツは全員上がってこい!」と、ファンの気持ちを汲み、望んでいる全てのファンをステージに上げたのだ。

足の踏み場もないほどのファンで埋め尽くされたステージと、それに負けないくらい熱狂的に頭を振る客席。他のどこにも存在しない、DAMIJAWにしかない風景を作り上げた後も、「ダミージョウ♂とダミ嬢♀のラブゲーム~略してダミラブ♡~」「愛しのキャサリン」、「W・B・C-ワイルド!ブラザー!キャプテン!-」でファンと一緒に歌ったり、踊ったりと、これも彼とファンにしか作り出せない空間を生んでいた。

続く、「INAZUMA SUMMER×KAMINARI SUMMER」では、この日ならではのサプライズをサポートメンバーが考えていた。通常この曲は、shujiの圧巻のドラムソロから始まり、そのままファンとの掛け合いの中で曲がスタートするのだが、この日はここでka-yuに内緒で「ハッピーバースデー」の演出に。予想もしていなかったタイミングでのサプライズに、ka-yuも喜びながら「え?ここ?(笑)」とびっくりした様子。運ばれてきた特製のケーキを嬉しそうにサポートメンバーやお客さんに振る舞うなど、なんともハートフルな時間が流れていた。

後半戦は、ほとんどがいわゆる“暴れ曲”というラインナップ。「I fear Silence」から「AOBUSA」までの6曲は、「休む暇もない」という言葉よりも「休ませてもらせない」という言葉が合うほど、怒涛の流れとなっていた。最後に披露した「WE WILL BE」では、しっかりとファンへの想いを届けて本編が終了。

アンコールでは、おどろおどろしいSEが流れる中、メンバーが登場し、ka-yuは上手でギターを手にした。ソロプロジェクトが始まった2010年頃、アンコールでカバー曲を披露することがあったが、この日、それをまた見ることができた。ギター・ka-yu、ベース・KENTA、ドラム・Kazuma、そしてボーカル・shujiというパートで、続けてきたカバーの歴史の数々を思い出した。それがきっかけで、地方都市でZIGGYの「GLORIA」を森重樹一氏と一緒に演奏したという奇跡が起きたこともあった。こういうカバーも、DAMIJAWの楽しさを語る上では外せないものなのだが、今回は「暗黒のテーマパーク」ということもあってか、聖飢魔IIの「蝉人形の館」をその世界観をきちんと踏襲したような雰囲気の中で披露し、ファンをまた笑顔にさせていた。


あわせて読みたい

ランキングBOXの記事をもっと見る 2016年1月25日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。