THE ORAL CIGARETTES、BLUE ENCOUNTとの2マンライヴで“4年前の約束と雪辱”を果たす!

THE ORAL CIGARETTES、BLUE ENCOUNTとの2マンライヴで“4年前の約束と雪辱”を果たす!
THE ORAL CIGARETTES、BLUE ENCOUNTとの2マンライヴで“4年前の約束と雪辱”を果たす!

京都・MUSE HALLで8日に行われたステージを皮切りに、THE ORAL CIGARETTES主催によるツアー『唇ツーマン TOUR2016~復活・激突・BKW!!の巻~』がスタートした。

昨年、山中拓也の声帯ポリープ摘出手術によりライヴ活動を一時休止した彼らだが、逆境を乗り越え復活を宣言。1月5日には2ndアルバム『FIXION』をリリースし、待望のツアーは全国10ヵ所、10組のアーティストを迎えて行われる対バン形式で行われる。「たくさんのバンド仲間に支えられてここまでやってきた。その仲間たちと戦いたい。人と人との繋がりを感じてもらいたい」。バンドが復活した姿を見せるだけでなく、共に昇ってきた仲間とさらなる高みを目指したいという思いから始まった今回のツアー。本気で戦い、ぶつかり合うライヴにどんな化学反応が起きるのか。期待度の高いステージをいち早く体感しようと、即完だった高倍率のチケットを勝ち取った約400人のオーディエンスらがその開演を待ちわびていた。

記念すべきツアー初日、京都公演での対バンに登場したのはBLUE ENCOUNT。SEが始まりこれから気合の入ったステージが…と思いきや、田邊俊一がまさかのイヤモニを忘れてライヴ中断というアクシデントが。オーディエンスから総ツッコミを受けるゆるい雰囲気になったものの、仕切り直しの1曲目「ロストジンクス」から江口雄也のアッパーなギターリフ、高村佳秀の軽快なリズムが会場の空気を一気に引き締める。4人の強度の高い音が全身にぶつかる「DAY×DAY」、まっすぐな想いが伝わる「THANKS」と、立て続けに屈強なサウンドを放っていく。ライヴの合間には辻村勇太と、THE ORAL CIGARETTESのあきらかにあきらの2人で、どちらが足を高く上げられるか“足上げベーシスト対決”が行われる場面も。

そしてMCでは「やっと埋まったな…」と、この日のライヴに懸ける熱い想いを語る。4年前、同会場でライヴをした彼らは観客のほとんどいないガラガラの会場で悔しい思いをし、いつか雪辱を晴らそうと誓い合ったという。そしてこの日、満員のフロアを前に共にライヴができたこと、約束を守ってくれたオーラルに対し、田邊は「言いたくないけど…」と照れながらも「オーラル、出会ってくれてありがとう」と感謝の気持ちを叫んだ。そしてステージラスト、「4年前、この会場で歌った歌をオーラルに負けないくらい死ぬ気でやって、一緒にいろんなことを変えていくから!」とオーディエンスに想いを叫び、「HANDS」を披露。フロアから突き上がる拳の強さ、共鳴する思いを音に代え、多幸感溢れるステージが幕を閉じた。

BLUE ENCOUNTの想いを受け、これからTHE ORAL CIGARETTESがどんなライヴを見せるのか、期待はどんどん大きくなっていた。昨年末、ライヴ活動復活後のステージを観て、山中の声、バンドの勢いからも完全復活は確かなものだと感じ、アルバム『FIXION』でも、バンドに懸ける強い想いはひしと感じることができた。「今のバンドの意思表示を音にした、成長を感じる作品を作れた」と語っていたアルバムを手に始まった今回のツアー。この言葉の通り、完全復活だけではなく、バンドがより進化した姿を見せなければならないことは確かだ。このツアーでバンドの“底力”を感じることができるのか、観る者の気持ちも昂るステージが始まった。

「4年ぶりの約束を果たしに来たよ!かかってこいよ!」、山中が声高らかに叫び1曲目から強奏のステージでオーディエンスを圧倒していく。目を見開き、オーディエンスを煽る山中、観客に喰ってかかるような強靭なベースを鳴らすあきらかにあきら。透明感を持ちつつも、攻撃的なメロを奏でる鈴木重伸、そしてバンドの骨を太くさせる中西雅哉のリズム。気迫に満ちた4人の音に負けじと、オーディエンスらも大きな声を上げて彼らの音に応える。「STAY ONE」「マナーモード」とアルバムからも楽曲を披露するが、驚くのがその共鳴率の高さだ。ライヴでの披露はまだ数少ないながらも、オーディエンスとしっかり同調し、これまでの楽曲にも自然と馴染んでいる。

MCでは、「約束は時にすごい力を発する。4年前は自信がなかったけど、仲間に勇気をもらってここまで来れた。仲間と肩を組んで業界を盛り上げたい。このツアーで同じ魂、同じ心意気を持っているバンドとツーマンがしたかった。少しでも気になったなら、彼らの音を聴いてくれたら嬉しい」と、集まったオーディエンスに感謝の気持ちを伝えつつ、今回のツアーに懸ける想いを語る。そしてステージ後半、「キラーチューン祭り、始めようぜ!」と攻めの姿勢を崩すことなくアッパーなナンバーを次々に投下し、ラストまで休むことなく突き進んでいった。

アンコールではブルエンの田邊をゲストに、「大魔王参上」を“色眼鏡参上”にアレンジした特別バージョンを披露。バンドの仲の良さが伝わる、ゆるやかな時間もツーマンライヴならではだろう。そしてステージ最後、これからもバンドを突き進めていくことを約束した彼ら。これから続く、ツーマンライヴでTHE ORAL CIGARETTESがどれだけ進化するのか。『唇ツーマン TOUR2016~復活・激突・BKW!!の巻~』はすでに全会場ソールドアウトしているが、4月からワンマンツアー『唇ワンマンツアー~奈良まで続くよ道のりはツアー!~』、地元・奈良で初のホールワンマン『唇ワンマンライブ~故郷に錦を飾りまSHOW!!~』も決定している。さらに、今回対バンしたBLUE ENCOUNT主催ツアーの北海道公演にもTHE ORAL CIGARETTESの参加が決定。両バンドのさらなる活動に期待したい。

写真/Viola Kam (V'z Twinkle Photography)

あわせて読みたい

ランキングBOXの記事をもっと見る 2016年2月10日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。